コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ネズミによってもアレルギーを引き起こされる!どんな症状になる?

豆知識

ネズミによってもアレルギーを引き起こされる!どんな症状になる?

2019.11.05

ネズミが家に現れた場合、ネズミによる被害は糞や尿などの匂いだけではなく、それ以外にも様々な被害が挙げられます。
その中でも特に長期的な影響を与えるのは、アレルギーによる被害と言えるでしょう。
ネズミが出す糞や尿などによって引き起こされるアレルギーだけではなく、ネズミに寄生してたダニによってアレルギーが引き起こされるケースもあり、ネズミが家に現れたとき、気を付けなければならないのはネズミだけではありません。
今回は、そんなネズミが引き起こすアレルギーについて、どのような種類があるのか、どんな症状が引き起こされるのか、対処法や駆除についてご紹介していきます。

ネズミによるアレルギーにはどんなものがある?

ネズミによって引き起こされるアレルギーにはどのようなものがあるのでしょうか。まずはアレルギーについて見ていきましょう。

ネズミの尿によるアレルギー

アレルギーを引き起こす理由の一つにネズミの尿や糞によるアレルギーがあります。

ネズミが出す尿や糞によってくしゃみや鼻水などが出るようなアレルギー性鼻炎になったり、ひどいときには気管支ぜんそくになったりするケースがあります。

ネズミだけではなく、ネコやイヌなどによってこのような症状が起こる方もいますが、同じようにネズミによってこのようなアレルギー症状が出るケースがあります。

寄生するダニによるアレルギー

そして、ネズミによってアレルギーが引き起こされるだけではなく、ネズミに寄生していたダニによってアレルギー症状が出るケースがあります。

ネズミには、「イエダニ」というダニが寄生していることがあり、そのイエダニによってアレルギー症状が出ます。これは、イエダニによる糞やイエダニの死骸がハウスダストなどと一緒に空気中に浮遊し、目に入ってかゆみが引き起こされたり、結膜炎になったりするケースもあります。

また、それを吸い込むことでセキ鼻水が出るということもあります。

どんな症状になる?

ここからは、ネズミによって引き起こされるアレルギーによって、どのような症状が出るのか、見ていきましょう。

アレルギー性鼻炎による症状

ネズミによって引き起こされるアレルギー症状として、アレルギー性鼻炎による症状があります。

これは、目のかゆみやくしゃみ、鼻水などが発生する症状で、ネズミから出た尿や糞などから反応が出るケースや、ネズミに寄生していたイエダニの死骸などを吸い込んで引き起こされるケースなどがあります。

結膜炎

目のかゆみや涙が出る、充血する、目やにが出るなどの結膜炎という症状が出るケースもあります。

空気中にハウスダストと一緒にネズミに寄生していたイエダニの糞や死骸が漂い、それらが目に付くことで引き起こされるケースがあります。

また、ネズミが通ったところを手で触りその手で目をこするなどをすることによって引き起こされることもあります。

気管支ぜんそく

ひどいケースになると、気管支ぜんそくになるケースもあります。

気管支ぜんそくになると、セキや呼吸困難など呼吸に関して影響が出てしまうような症状が出ます。

これは、先ほどと同様にイエダニの死骸や糞などが原因になることがあります。

じんましんなどの皮膚の症状

皮膚の症状の一つとしては、じんましんが挙げられます。

皮膚に直接触れなくてもじんましんは症状として出るケースがあります。

からだ全身にじんましんが出るなどした場合には、すぐに病院で診察を受けた方が良いでしょう。

アトピー性皮膚炎

皮膚の症状としては、じんましんの他にアトピー性皮膚炎という症状があります。

これは、他のアトピー性皮膚炎と同じように、かゆみや赤みなど皮膚そのものに症状が出るもので、かゆくなってかきつづけることによって皮膚のかゆみが慢性化したり、皮膚が荒れてしまったりするなどの症状が出ることがあります。

ネズミによってアレルギー反応が出たら

次に、ネズミによってアレルギー反応が出た場合、どのような対処が必要になるのでしょうか。

ここからは、アレルギー反応が出た場合の対処を見ていきましょう。

病院で診察

ネズミによってアレルギー症状が出た場合には、まずは病院で診察してもらうようにしましょう。

そのままにしておくと、皮膚炎が慢性化したり、気管支ぜんそくで苦しい思いをしたり、呼吸困難になるなど重い症状になるケースもありますので、まずは病院での診察を受けることがおすすめです。

ネズミの駆除

自分の体をまずは優先して病院に行くなど対処したら、それと同時にネズミの駆除をしましょう。

駆除は自分で出来ないことは無いですが、自分でやることはすすめしません。

その理由としては、ネズミはネズミ自体が病原菌を持っていることや、ネズミに寄生しているイエダニが病原菌を持っているケースがあるため、ネズミを駆除しようとして二次被害に遭うケースがあります。

ネズミを駆除することは必要ですが、出来れば専門業者に依頼して駆除してもらいましょう。

ネズミの駆除はどのようにすれば良い?

では、実際にネズミを駆除しようとした場合、どのような駆除方法があるのでしょうか。

一つずつ手順を追って依頼しましょう。

専門業者にまずは相談

まずは、ネズミが出た場合、専門業者に相談しましょう。

自治体などもネズミの駆除や被害などの相談に乗ってくれますが、最終的には専門業者を紹介される形となるため、専門業者に自分で電話しても、業者は相談に乗ってくれることでしょう。

その時、今どうするべきなのか、相談すると良いでしょう。

複数業者に見積もり依頼を

専門業者に相談したら、すぐに依頼せずに、複数社に見積もり依頼を出すと良いでしょう。

複数業者に見積もりを出すことで、見積もりを比べることができ、費用の部分や駆除の方法などを比較することが出来るため、損をしたり、後悔したりすることは避けられるでしょう。

しかし、早急に対処をしなければならない場合は数日掛けて見積もりをもらうことは難しいため、まずは現地を見てもらって1社の場合でも見積もりは最低限もらうようにしましょう。

信頼できるところにお願いしよう

見積もりをもらい、業者を選定する際には、信頼できる業者を選択しましょう。

信頼できる業者とは、見積もりをしっかりくれるところ、作業工程や作業の内容がわかりやすいところ、アフターフォローなどの話をしっかりしてくれるところ、どんなリスクがあるかなどをしっかり事前に説明してくれるような業者です。

やってみないとわからないから、対処してから請求しますといったような、どれくらい費用が掛かるかわからないようなところに任せてしまうことは避けましょう。

思いもしない金額を請求されるケースもありますので、お願いする前に見積もりは最低限もらうようにすることで、失敗しない業者選定が出来るでしょう。

まとめ

ここまで、ネズミのアレルギーに関してご紹介してきました。

ネズミには、様々なアレルギーを引き起こす要素があり、ネズミだけではなく、ネズミに寄生したイエダニもアレルギーを引き起こす原因となりえます。

アレルギー症状が出ると、その日だけつらいのではなく、長期にわたって症状が出る場合もあるため、早急に対処することが必要であることと、アレルギーの原因を根本から解決しなければ、苦しい日々が続いてしまうでしょう。

ネズミが出たときは、ネズミだけを駆除しても解決しません。

清掃や除菌、イエダニの駆除など様々な対処が必要なため、専門家に任せるようにしましょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク