コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ネズミ発生でイメージダウンに繋がる飲食店のSNS事情

豆知識

ネズミ発生でイメージダウンに繋がる飲食店のSNS事情

2019.03.28

現在SNSはさまざまな方が利用し、オススメの飲食店など反響が良い方向に進むこともあります。しかし、間違った使い方で非難され炎上してしまうなどメディアに取り上げられ問題に発展する事も。飲食店が危惧するSNS事情やイメージダウンとなるネズミについてお伝えします。

イメージダウンにつながるネズミの発生

たまたま入った飲食店や有名なレストランに入店し、店内にネズミなどの害獣や、ゴキブリなどの害虫が地面などを横切るのを目にすればイメージダウンになります。

お客からすれば、不衛生なお店?料理は大丈夫?といった不安は増します。そして、噂が流れれば客足も途絶え経営状況に影響していきます。経営状況が悪化すれば、閉店まで考えなければならなくなるため、店内の清掃や食材の管理の見直しが重要なポイントとなります。

ネズミは餌となる食料を求め飲食店などに棲みつくため、食品管理の状況が悪ければ繁殖し駆除が困難にもなり早めの対処が必要となります。

また、ネズミの侵入経路が多岐に渡るので駆除しなければならないフロアは店舗だけでなく、上の階層や下水など様々な要因が考えられるため、まず素人の方が簡単に対処できる問題ではありません。

SNSから始まる問題

店内にネズミを発見するのは何もお客だけではありません。

アルバイトスタッフが店舗内でネズミの存在に気が付くことも考えられます。

そこで問題となるのが、近年SNSで問題となっているアルバイトスタッフによる投稿した動画が炎上するなどの問題行為です。

アルバイトスタッフが撮影した動画に「うちの店舗にはネズミがいます」などの映像を投稿してしまうと、瞬く間に悪い評判へ繋がります。このような悪い評判というのは拡散も早く火消しが困難になります。

完全駆除したとしても広まった印象を良くするのは大変です。スタッフへの教育も大切ですが、劣悪な環境下で仕事をしているスタッフも可哀想などの声が上がれば、矢面に立つのはやはりオーナーや企業になります。

ネズミなどの害獣の発生に気づいた時点で、対応策を打ち出すなど早期対策を講じることも現代の企業にとっては重要な仕事になります。経営が傾かないようにするためにも害虫・害獣駆除は毎年プロの業者へ相談し確認してもらうのもオススメです。

ネズミ駆除はプロに依頼

飲食店でネズミが発生すれば、イメージダウンにつながるだけでなく、食中毒などの被害も懸念されます。そのため、完全駆除を目指すことにはなるのですが、店舗の設置されている地理的状況なども加味しなければならないので、ご自身でなんとかできる問題ではありません。ネズミが1匹や2匹程度であれば、ネズミ捕りグッズでなんとか対処できる可能性はありますが、ネズミは繁殖率の高い動物ですので、たったの数匹捕まえただけでは完全駆除に至らないこともあります。

お客やスタッフが安心し楽しめる空間を作り出すためにも、プロのネズミ駆除業者へ依頼し、駆除や防鼠対策を施してもらうことをオススメします。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク