コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ネズミの寿命は短いから安心?繁殖スピードは侮れない!

豆知識

ネズミの寿命は短いから安心?繁殖スピードは侮れない!

2019.02.21

ネズミの身体は小さく心拍数も早いので、食料は体重の4分の1~3分の1の量を摂取しなければ数日で餓死する寿命が短い生き物。しかし、家屋に侵入されても、勝手に死んでくれるとは考えてはいけません。ネズミが害獣としての繁殖スピードは侮れない理由をお伝えします。

ネズミの寿命は短い

ネズミの寿命は種類によっても違いますが長くて2年程度と言われています。

害獣となるクマネズミやドブネズミは約2年。ハツカネズミで1年程度。

あっという間の人生ですので、家にネズミが侵入したとしても、たったの2年エサを取れない環境を作り出せば簡単に完全駆除できると考えることもできます。

しかし、放置する駆除では最善の方法とは言えません。

ネズミが媒介するウィルスやノミにダニといった問題は2年あれば、たちまち人間の体やペットの体にも影響を及ぼす可能性が高まります。放置することはデメリットしか生み出さないのです。

繁殖率の高さが恐ろしい

ハツカネズミは名の由来の通り、妊娠してから約20日で出産します。

ねずみによっては出産後すぐに妊娠する個体もいるため、年間約5から6回も出産を繰り返し、1回の妊娠で5匹から7匹も生みます。単純計算で、30匹から最大60匹近くの子供を産むこともあります。そのため、安全な棲み処を見つけ上手に出産を繰り返されてしまうと、個体数が増大することが分かります。

また、順応性の高さも問題となりネズミを発見して一度駆除グッズで成功したとしても、抜け穴が塞がっていなければ、再び侵入されてしまう事もあります。

駆除グッズは簡単に設置ができると安心しているかもしれませんが、ネズミの学習能力は高く順応性が優れているため、人間を出し抜くことも容易ではありません。

棲み付かれてしまってから駆除するためには、確実な対策をしなければあっという間に増殖し危険が及ぶ可能性があることを忘れないでください。

プロのネズミ駆除業者に依頼しよう

簡単に設置できる殺鼠剤や超音波など効果が高いとされるアイテムで効果が表れることも、もちろんあります。ただし、ネズミの通り道を全て塞がなければ、また1週間や1か月後に舞い戻ってくることもあるため、ネズミ駆除業者に正しい施工を依頼するのも大切な心掛けです。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク