コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ネズミの死骸は見たくない場合のネズミ駆除方法の効果とは

豆知識

ネズミの死骸は見たくない場合のネズミ駆除方法の効果とは

2019.02.21

ネズミの被害にあえば、ネズミを駆除しなければなりません。しかし実際にご自身で駆除するとなれば、ネズミの死骸や生きたまま捕まえてそのあとの殺処分など、目を覆いたくなる光景を何とか回避したい方へ、駆除方法や効果についてお伝えします。

ネズミは放置してはいけません

ネズミが家屋に浸入し、家の中の異変に気が付いても対策を行わない理由はどういったものが考えられるでしょう。ネズミがどこにいるか分からないや、ネズミが怖い・汚い。どうやって対処したらいいか分からない。といった理由があげられるのではないでしょうか。

しかし、ネズミを放置していればさらに棲み処を快適にし、繁殖すれば人間の生活空間への侵食は放っておけない事態に発生します。ネズミはノミやダニの発生源にもなりますし、病原菌やウィルスを撒き散らす害獣。本当であれば一刻でも早く駆除しなければならないのです。

ネズミを殺さずに退治するには

ネズミ駆除として認知されている粘着シートや殺鼠剤に毒エサなどを利用したものが、ご自身で行える一般的な駆除方法です。しかし、粘着シートを利用すれば生きたままのねずみを自分で処分する必要があり、また殺鼠剤や毒エサを使用すれば死骸を処分しなければなりません。こういった精神的苦痛がネズミ駆除を行いたくないといった理由でもあります。

そのため、ご自身で行える死骸を出さずに駆除する方法が2つあります。

一つ目は、忌避剤の利用になります。これは、ネズミが苦手とする成分が配合されたスプレータイプや燻煙タイプに設置タイプの3種類で、スプレーをネズミが生息する場所に散布することにより、ねずみの侵入を防ぐことが出来ます。スプレーは手軽ですが、持続性に欠けるため、数日から数週間しか効果がもたないのが欠点です。また、スプレーは手に届くところにしか散布できないため、目の届かない侵入経路などや天井裏のネズミの巣まで駆除するのが困難となります。

燻煙タイプは、広範囲に届くため天井裏やすき間に住みついたねずみも追い払えます。しかし即効性は強いのですが、持続性がないため効果が薄れてしまえば再度ネズミが戻ってくる可能性があります。

もう一つの方法は、超音波を利用することでネズミを追い出すことが出来るとされています。こちらはネズミの驚く周波数を機械で出すことにより、家から追い出せるのですが、周波数は私たちの目で見ることはできませんし、耳にも聞こえないため、効果がある製品を購入しなければ高い金額を支払って購入しても成果がなかったといったこともあります。また、ネズミは環境適応能力に長けているため一度効果があっても、数日・数週間後には戻ってくることもあります。

今回紹介している、忌避剤や超音波の機械に関して言えることは、家から追い出したとしても、ネズミの侵入経路が塞がっていない限りネズミが再度侵入する恐れがあります。そのため、ネズミ駆除グッズを利用した後は、必ず侵入経路を全て塞ぎましょう。

効果が見られない場合は

忌避剤や超音波といった便利なアイテムでネズミを追い払えたとしても、侵入経路を完全に遮断できなければ何度もネズミの被害に遭います。そしてネズミも賢い動物で、環境適応能力が高いため、いつまでも同じ手には引っかかってはくれません。

そういった場合は、必ず他の道具で捕まえ殺処分や死骸の駆除が必要となります。もし、ご自身では難しいと感じましたらプロの専門業者に依頼し完全駆除を目指しましょう。そして、プロでしか見つけることが出来ないネズミの侵入経路も塞いでもらいネズミに入られない家屋を取り戻しましょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク