コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. トイレからヒョッコリ。ドブネズミ駆除は排水溝も要チェック

豆知識

トイレからヒョッコリ。ドブネズミ駆除は排水溝も要チェック

2019.02.21

水回りを好み、水の中を軽々と泳いでしまうのがドブネズミ。
繁華街や公園の土の中、地下街やマンホール下の下水道に巣を作りますが、人の住居を棲み処とする場合もあります。
水洗トイレから這い上がってくるドブネズミ駆除は排水溝のチェックも忘れずに。

ドブネズミの生態と特徴

建物内に侵入する家ネズミは、クマネズミ、ハツカネズミ、ドブネズミの3種類。

近年ではクマネズミ被害が増加し、ドブネズミは減少傾向にあると言われていますが、まだまだ被害報告はあります。

クマネズミは高い所に登るのが得意で天井裏などに巣を作る事から、ネズミは高所に棲みつくというイメージが強く勘違いされ、罠の設置も見当違いの場所を選んでしまい全く効果を発揮しないという事態にもなり兼ねません。

それぞれネズミの生態は異なり、特徴を知る事で早めの対策を行えるようになります。

体長は20㎝~30㎝程度であり、30㎝以上の巨大なドブネズミも存在します。

毛の色は灰褐色で耳が小さく、他のネズミと比べ体が大きいのでフンが太いのが特徴。

性格は獰猛で、人を恐れず襲ってくる危険なネズミではありますが、クマネズミと違い知能が低いので比較的捕獲しやすいと言われています。

そして、湿った場所を好み、泳ぎが得意なので台所やお風呂場の排水溝だけではなく、水洗トイレの配管や便器が侵入ルート。

住居内を棲み処とする時は水回り周辺を好み、高い所に登るのが不得意なため比較的下層部分に潜んでいます。

ドブネズミの対策と予防方法

どんなネズミでも、自宅を棲み処にされないためには宅内を清潔に保ち整理整頓が必要不可欠。エサとなる食料を扉付きの棚に保管する、水回りの生ごみはきちんと掃除をするなどの予防方法は必ず実践しましょう。

そして、侵入されないためにはドブネズミの侵入ルートとなる排水溝や床下通風孔などを金網や網などで遮断する、隙間を防鼠パテでの穴埋めといった事も大切なのですが、配管破損による水漏れ、壁の隙間の放置も侵入される原因となりますので、しっかりと修理をする必要があります。

また、配管不備や破損はトイレからの侵入を許し、ドブネズミは体が大きくトイレの蓋も持ち上げてしまうので、フタを閉じておく対策方法よりも駆除グッズを用いた対策がオススメ。詰まりの原因となるのでくれぐれも慌ててレバーを引いて、トイレに流すのだけはやめておきましょう。

そして、ドブネズミ駆除に有効だと言われているのが毒エサ、殺鼠剤、超音波などで、

粘着シートは体が濡れているため抜け出す事もあり、完全駆除効果はあまり期待できないと言えるでしょう。

狂暴なネズミはプロに依頼を

ネズミの種類によって侵入ルートは異なるとは言え、経路が多すぎてなかなか特定できずに時間がかかってしまう事もあります。

特に目に見えない排水溝となるとどうやって調べて良いか分からないという事もあるでしょう。

狂暴なドブネズミは家族に被害が出る前に一刻も早く駆除しておきたいネズミ。

自分自身で駆除を行う事も出来ますが、スピーディーに完全駆除を目指すのであればプロの駆除業者が確実です。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク