コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. イエダニ発生!害虫駆除の前にネズミ駆除も視野に入れよう

豆知識

イエダニ発生!害虫駆除の前にネズミ駆除も視野に入れよう

2018.12.06

朝起きたらやたら体が痒い。体に赤い斑点ができてる場合は、イエダニが原因かもしれません。イエダニの被害が甚大であれば害虫駆除を考える方もいるかもしれませんが、実際の問題はネズミかもしれません。ネズミ駆除も視野に入れた駆除を考えてみましょう。

害虫となるイエダニとは

イエダニは、家に棲みつくダニのような名前の印象を受けます。しかし実際には、主にネズミや鳥などに寄生して生息しているため、寄生しているネズミが民家に入り込んだり、家の近くにある鳥の巣から鳥がいなくなれば、イエダニのエサは「血液」なので、エサを求め人間の住むテリトリーに侵入してきます。

 

イエダニは夜間に活動するため、人間が寝ている間に吸血されてしまいます。刺された場合には、蚊に刺された時と同様で、赤い斑点や水ぶくれが現われ、激しい痒みの症状が出ます。イエダニのアゴは弱いので、男性よりも皮膚が柔らかい女性や子供の方が被害に遭いやすい傾向にあります。イエダニは基本的にネズミや鳥に寄生し吸血しているため、人を好んで吸血することはありません。

 

ただし、ネズミなどが持つ病原菌などのウィルスを媒介することもあるので、刺されたら感染症などの病にかかってしまう可能性もあります。また、イエダニが布団などに棲み付き繁殖すれば、死骸やフンも蓄積され、それらを吸い込んでアレルギー症状を起こしてしまう原因にもなってしまいます。

イエダニを駆除するためには、イエダニの元凶を駆除しなければならないという事になります。

イエダニの被害にあわないようにするためには

イエダニによる被害が出た場合は、既にネズミに侵入されていたり、家の近くに鳥の巣があることが考えられます。まずは、すぐにネズミ駆除や鳥の巣などを除去し、元凶を取り除くことが大切なポイントになります。

 

ただし、ネズミの対策もかなり骨が折れるものですし、鳥の巣もヒナがいる場合は鳥獣保護法によって敷地内の管理者に連絡しなくてはいけないので、かなり苦労することになります。

しかし、放っておくとイエダニの被害だけでなく、病原菌など様々な悪影響を及ぼしますので、まずはこれらの対策から始めることをオススメします。

イエダニの駆除方法

イエダニの被害に悩んでいる場合は、元凶のネズミや鳥などの原因を取り除くのと同時に、イエダニの駆除も考えなければなりません。イエダニは熱に弱く、50℃の環境に20分以上いると死滅すると検証されていますので、コインランドリーにある大型乾燥機に寝具類を乾燥させるのが良いでしょう。ただし、死滅させた後も死骸や糞の処理が必要となります。布団クリーナーや掃除機などで、しっかりイエダニの死骸やフンに卵などを吸い取るようにする工程が必要となります。

害虫駆除や害獣駆除に関しましては、個人で行うのも大変ですので、費用が掛かりますがプロの業者に依頼することをオススメします。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク