コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. 自力で行うネズミ駆除でかかる費用と業者の費用相場について

豆知識

自力で行うネズミ駆除でかかる費用と業者の費用相場について

2018.10.15

ネズミ駆除する際に必要なアイテムは、自身でホームセンターなどで購入し駆除することも出来ますが、完全駆除するためには、時間も費用もかかるため、ネズミの習性を熟知したプロの駆除業者に依頼した方が費用が安く収まる可能性もあります。

ご自身で行う駆除グッズと価格帯

ホームセンターなどで販売されていて、簡単に駆除を行えるグッズや価格体のご紹介です。

 

・ネズミ駆除用 超音波機器

ネズミなどの害虫駆除装置は、電磁波や超音波を発生して、ネズミが快適に暮らすことのできない環境を作り出し追い出します。各部屋に設置しておくだけで効果があるとされます。人には聞こえない周波数のため、人体に無害な優しい商品。定期的に周波数が自動で変換されるので、ねずみが慣れてしまわない様にするなど製品によっても特長が変わってきます。

価格帯は数千円~1万円程度。

 

・ネズミ駆除シート(とりもち)

殺鼠剤(薬剤)を使わず、ねずみ駆除する場合に使用される定番の粘着式のネズミ捕りはおすすめです。 ねずみの生息の確認ができ、通過していると思われる所に設置し、物理的に捕獲して退治する効果が見込めます。ただし、ネズミはとても慎重に行動する動物の為、一度捕獲に失敗すると、効果が薄れると言ったデメリットもあります。

価格帯はプロ用の製品でも数千円なのでコスパ的や設置も簡単ですので、使用しやすい商品です。

 

・殺鼠剤

薬剤タイプは、警戒心の強いネズミに効果的でもあり、アース製薬のデスモアプロなどであれば、スーパーラットにも効果がる殺鼠剤。しかし、自宅でペットを飼っている方などは、間違えてペットが誤飲しないよう使用する際は注意が必要です。また、煙タイプなどもありますが、臭いに敏感なタイプの鼠は、一度避難し再度戻ってくることもあるので、効果が高い分類ではありません。

価格帯は、薬剤タイプは3000千円程度。煙タイプは1000円未満といった価格です。

 

このように、数千円程度で家庭で行えるネズミ駆除グッズは販売されています。効果を発揮することがあれば、ネズミを完全駆除することもできますが、ネズミは知性も高く、警戒心も強いため、何度も種類を変えずに行うや、完全駆除できずに色々なパターンのシートを使う事で、より警戒心を強くしてしまい、逆に効果が薄れる場合もあります。

業者に依頼す場合の費用

業者に依頼する際に一番気になるのは費用ですよね。

どのホームページを見ても実際にかかる費用が分からないので、業者に連絡しずらい方も多いと思います。一般的に言われる費用としては、一戸建てで10万円から20万円程度となり、マンションは5万円から10万円程度の見積もりが出されることが多い様です。作業方法は駆除業者によっても変わってきますが、薬剤散布・殺鼠剤・捕獲・忌避剤を使用します。

 

自分で行う駆除方法と同じではと感じる方もいるかもしれませんが、どこかからネズミが侵入してくるか、家の中に住むネズミがどこを通って現れるかなど。鼠の習慣を熟知していなければ移動経路の特定も難しいものです。この経路を塞ぐことで、徐々にネズミが餌場への移動が困難になり、家を出ていくといった方法を行うのは一般の方では出来そうで出来ないものになります。

 

ネズミの移動経路の特定は、天袋の隙間や換気扇の隙間。エアコンのダクトや水道管など、押し入れの隙間といった、目につきにくい部分から侵入を許しています。

入経路を特定し、移動経路を断つ為に使用する、パンチングメタルは工具店で購入することはできますが、侵入経路を見つけ出す作業はプロの業者でなければ見つけられない部分もあります。

費用対効果で考えるのであれば業者

市販で販売されている駆除グッズは確かに自分で行う駆除方法として、口コミランキングで人気もある使いやすい製品で、価格も業者に依頼するよりも安いため、駆除しようと考える方は多いいでしょう。巣作りされるまでの1ヶ月程度で駆除出来れば安く済みますが、半年から1年以上の長期間に亘り、ネズミ駆除を行っているようでしたら、業者に依頼する金額と同じぐらいの費用が掛かってしまう事もあります。

 

また、ネズミの侵入経路を特定するためには、家の外と内の隅々を確認する必要性があります。どこか1か所でも侵入経路が塞がれていなければ、完全駆除も難しいでしょう。確かに業者に依頼し駆除してもらうには、初期費用としては高く感じるでしょうが、安心した生活を送るために、プロの信頼できる業者に駆除を依頼することが早ければ、費用対効果も悪いとは言えないでしょう。また、侵入されない様に施工を施してもらう事で、今後の侵入も防げるというメリットもあります。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク