コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ねずみが出没しやすい場所はどこ!?家の中で狙われるねずみが好むもの!

豆知識

ねずみが出没しやすい場所はどこ!?家の中で狙われるねずみが好むもの!

2018.09.10

家に住み着くことで、様々な影響を与えるねずみですが、一番出没しやすい場所はどこなのでしょうか。

実際にねずみが出たという方からアンケートを行い、その結果をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

人が住む家の中にはねずみの好きなものがたくさん!

ねずみが人の家に住み着く理由は、ねずみにとって住みやすい環境が整っているからです。そのため、所々でねずみが住み着いた跡が見つかることもあります。

 

そんなねずみによって生じた被害は、どんなことが多いのか、アンケート結果をまとめてみたので、参考にしてみてください。

・ねずみ被害で最も多かったのは?

1位:食材の被害

2位:衛生上の被害

3位:施設の被害

 

実際に被害にあった方の意見をまとめてみると、このような結果になりました。最も多かったのは、食材の被害です。むき出しのままのバナナや食パンなどが被害に合うことが多いので、日頃からビンに詰めたり、食材の管理は十分に行っておくこと必要があります。

 

他にも衛生上の被害や施設の被害が多く、ねずみの糞や電線や断熱材が噛まれてしまい、生活に支障が出たという意見も多くありました。

キレイ好きの家にねずみは寄り付かない!女性は衣服の整理整頓!男性は食品や衛生面に注意!

ねずみが発生する原因は、男女では異なることがわかりました。どのような違いがあるのか、男女別に最も被害が多かったのはどんな項目か紹介していきます。

・男性の被害(52人)

1位:食材の被害(15人)

2位:衛生上の被害(12人)

3位:施設の被害(8人)

4位:衣類の被害(1人)

 

被害にあったことがない人(16人)

 

・女性の被害(55人)

1位:食材の被害(12人)

2位:施設の被害(8人)

3位:衛生上の被害(6人)

4位:衣類の被害(4人)

 

被害にあったことがない人(25人)

 

実際にねずみの被害に合った男性の多くは、食材と衛生上の被害に問題があり、女性の場合は食材と施設の被害が多かったのがアンケートでわかりました。

 

また女性の場合は、衣類に関しての被害も施設の被害と変わらないほど、被害を受けていることがわかっているので、女性の場合は施設の衣類の管理を徹底し、男性は食材と衛生上の管理をしっかり行うことが、被害を最小限に止めるために重要であるといえるでしょう。

ねずみを寄せ付けない家にするためにはとにかく汚い場所をなくす事!

ねずみの被害にはいくつかの理由がありますが、年代別ではそれぞれ、どんな被害が多いのでしょうか。アンケートを元に年代別で最も多かった被害を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

年代別 20代 30代 40代 50代 60代 70代
被害 食材・

衛生上の被害

食材の被害 食材の被害 衛生上の被害 衛生上の被害 衣類・

衛生上の被害

 

ほとんどの年代で食材と衛生上の被害が最も多かったと答えています。そのため、ねずみの被害を受けないためにも、食材や衛生上の管理をしっかり行い、極力汚いと思われる場所を作らないようにしておくことが重要です。

 

日頃の管理によって、ねずみが発生するかどうかの有無が変わるので、綺麗に整理整頓を行い、食材の管理もしっかり行うようにしていきましょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク