コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. エアコンからネズミが侵入してくる危険!その対処はどうすれば良い?

豆知識

エアコンからネズミが侵入してくる危険!その対処はどうすれば良い?

2018.05.18


ネズミが侵入しやすい経路としてエアコンの排水溝がある
ネズミは天井裏や外だけではなく、家の中まで侵入してきます。小さな体は5cm程度の隙間があれば、簡単に侵入できるのです。クマネズミという種類であれば、2cm程度の穴でも入ってきてしまうといわれています。さらに、ネズミはかじるのが特性であり、かじって穴を開けてそこから侵入するということもあるのです。

屋根下の通気口や戸袋の隙間、屋根の瓦の隙間、換気扇、壁のひび割れや穴、2階の窓、床下の通気口、建物と基礎の隙間、配管と壁貫通部の隙間など、ネズミの侵入場所はいたるところにあります。そのひとつがエアコンの排水溝です。

ネズミを見かけたときに、エアコンの方に逃げ込んだ場合、エアコンの内部というよりは、配管の入り口に向かって逃げているとみていいでしょう。エアコンの排水溝を利用して、壁の中に戻っているのです。エアコンを設置する際に、壁に穴を開ける必要があります。その際に、配管と穴の隙間をしっかりとパテで塞いでいないと、壁の中にネズミが侵入します。また、エアコンを取り外した場合、フタなどで塞がないと、ネズミの侵入口となってしまうのです。

特に身軽なクマネズミやハツカネズミは、小さな隙間でも侵入してきます。あらゆる場所から入ってくる可能性があるため、出入り口をしっかり塞ぐことが必要です。

人間が生活するエリアはネズミが侵入しやすい隙間や穴があります。特に電気やガス、水道を必要とするキッチンは配管や配線の隙間が多く、それらを利用してネズミは部屋に侵入してくるのです。また、屋根や床下、玄関や窓など、ネズミはあらゆる場所から侵入してきます。
エアコンの不具合を感じたらネズミの侵入を疑いも
エアコンや排水溝がネズミの侵入経路になっている場合、エアコンに不具合が生じることがあります。エアコンを使っていないのに、本体から何か動いている音がする、カリカリとひっかく音がする、などといったことがあれば、ネズミが巣を作っている場合もあります。エアコンの室内機と室外機をつなげるパイプは外壁を通して設置されているため、ネズミはそこを通って室内機まで入り込んでしまうのです。

寒さに弱いネズミは、温かい場所を好むため、エアコンに入ってしまうのです。また、湿気の多い場所も好むため、排水ホールなどはネズミが快適に過ごせる場所となってしまいます。

ネズミの姿が確認されなくても、黒い粒が落ちていればそれはネズミのフンです。尿でシミになっている場合もあります。かじった跡があったり、傷がついたりしていれば、ネズミがその部分を頻繁に通っているというサインです。

エアコン内部やエアコンの排水溝などがネズミの侵入経路となっていると、フンや尿などで汚れてしまうだけでなく、操作基盤の配線をかじられることもあり、エアコンが故障してしまいます。スイッチを入れてもエアコンが動かない、といったことがあれば、ネズミが原因で故障している可能性があります。早めに専門業者に連絡をして、点検をしてもらいましょう。
そのままにしておくと体に害があるので注意!
エアコンが故障しなくても、排水溝がネズミの侵入経路になっていたり、エアコン内部にネズミが居ついていたりすると、体に悪影響を及ぼします。ネズミのフンや尿には病原菌がついています。ネズミのフンや尿が、エアコンを作動した際に部屋中に撒き散らかされたりすれば、菌に感染しさまざまな病気を引き起こしかねません。

ネズミの排泄物を通して人体に感染すると、腎症候性出血熱を発症します。発熱や頭痛、皮下や臓器の出血、腎不全などの原因にもなります。重症になると死にいたることもあります。また、腹痛、頭痛、発熱、関節痛、血便などを引き起こす腸チフスや、腹痛、嘔吐、下痢などの急性胃腸炎などを起こすサルモネラ症、高熱、筋肉痛、黄疸、悪寒などといった症状を引き起こすレプトスピラ症、腹痛、関節痛、黄疸、食欲不振などといった症状が出るE型肝炎などといった病気のリスクもあります。

また、ネズミに寄生するノミやダニによって感染し、ツツガムシ病などを引き起こすことがあります。なかでも家ダニは人間について、血を吸います。血を吸われると、非常に強いかゆみや腫れが起こることがあり、かいた跡が残ってしまうこともあります。ノミやダニが細菌やウイルスを保有していることもあり、かまれると病気を発症する危険性もあるのです。さらにダニなどの死骸やフンが、気管支炎やアレルギーの原因になることも考えられます。

ネズミに直接触れることがなくても、このような病気になる危険性があります。リモコンの電池切れや寿命など、故障に心当たりがなく、さらに家にネズミがいる気配があれば、エアコンの周りや内部にネズミが侵入したり、通り道となっていたりする可能性があります。早めに専門業者に依頼し点検をするともに、駆除をしてもらいましょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク