コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ねずみ被害は実は都会の方がひどい!都会に発生するねずみの特徴

豆知識

ねずみ被害は実は都会の方がひどい!都会に発生するねずみの特徴

2018.04.22


田舎でのねずみ発生は珍しくないが都会にもねずみはいる!

ねずみは野外で生息する「野ネズミ」と、建造物に入り込んで住み着く「家ネズミ」がいます。このうち、ヒトにとって迷惑な存在なのが「家ネズミ」で、「ハツカネズミ」、「クマネズミ」、「ドブネズミ」の3種類がいます。小さな身体で狭い場所からの侵入が得意なハツカネズミは、倉庫などに好んで出没します。また、泳ぎが得意で湿った場所を好むドブネズミ、器用で知能が高く上下移動が得意なクマネズミ、といった具合です。
田舎では3種類ともよく見かけますが、都会のねずみはドブネズミかクマネズミのどちらかで、最近は特にクマネズミが問題となっています。

田舎でのねずみの出没は少なくはありません。住宅の周辺にはねずみが生息できる林や河原などがあるので、古い家などは小さな隙間などの侵入経路からねずみが入ってくるのは容易でしょう。田舎のねずみは寒さを凌ぐためや食べものを探すために侵入してくることが多いようです。このため、ねずみの被害が発生した場合には、ねずみの食料となるものの管理を厳重にして見つからないようにしたうえで、ねずみを家屋から追い出すことが必要です。

ビルやマンションなど、都会の建造物は、木造建築の一軒家が多い田舎に比べると、密閉性が高いように思われます。しかし、配管や配線の通路、通風口など、構造上どうしても塞ぐことができない場所があります。都会に出没するのは、下水溝を中心に移動するドブネズミや、配線などを辿って高いところへの移動ができるクマネズミなどが多いと言われています。どちらも知能が高く、罠や毒餌などにはかかりにくい種類です。

飲食店やビルの隙間に住み着いている

都心には地下街が整備され、地下鉄が発達しています。地下が発展することにより、上下水道や電気などのライフラインも地下で網目のように張り巡らされています。湿気が多い場所が好きなドブネズミにとっては、このような地下の環境は極めて過ごしやすいと言えます。ドブネズミは泳ぎが得意ですし寒さにも耐性があるので、都会の地下なら越冬でき、繁殖も可能です。

終電近くの地下鉄のホームから、線路の間をちょろちょろと走るねずみの姿を見たことはありませんか?それは、都会の環境に順応したドブネズミなのです。

都会には数多くの飲食店があり、毎日大量のゴミが出ています。その中には食品廃棄物もたくさん含まれています。
都会の飲食店のゴミは、カラスやネコなどの動物があさりに来ます。このため、カラス避けのネットや専用のゴミ用コンテナなどを使い、ゴミが荒らされないよう対策をしています。しかし、ねずみにとってゴミ用コンテナは、隙間から侵入してしまえば、ネコやカラスからも逃れられる、安全でたっぷりとエサが食べられる快適な場所です。エサが豊富でストレスのない環境だと、ねずみはどんどん繁殖して増えていくのです。

鉄筋コンクリートのビルは、木造建築よりも隙間が少なく、機密性が高いとされます。しかし、通風口や排水溝など、構造上必要な設備用の空間は必要で、ねずみはそのわずかな隙間を使って入り込んできます。さらに、クマネズミは樹上生活が得意なだけあって、上下への移動を得意としています。都会の飲食店などが入っている大型ビルは、地下はドブネズミ、地上以上はクマネズミが住み着いてしまっていることも多いのです。

田舎のねずみよりはるかに大きく頭が良い

ねずみの多くは雑食性です。ドブネズミはタンパク質を好んで食べますが、クマネズミもなんでもよく食べます。自然環境の影響を受けやすい田舎は、冬場はエサが減少し繁殖も行われません。ところが都会では、肉や魚、タマゴ製品などのタンパク質、米やパンなどの炭水化物など、栄養豊富なエサが常時大量にゴミとして存在しています。このため、都会のねずみは田舎のねずみよりも大きく成長し、繁殖も旺盛になり、長く生きることができます。

エサとなる食品ゴミが豊富なこともあり、毒餌の効き目は限定的です。さらに、毒餌を食べたクマネズミや、免疫力の強いクマネズミには、毒そのものへの耐性を身に着けてしまうこともあります。このようなクマネズミはスーパーラットと呼ばれ、繁殖によって増えます。住み着いたねずみがスーパーラット化してしまうと、駆除は一層困難になります。

都会には、田舎にはないねずみにとって危険な物がたくさん存在します。しかし、ねずみの知能は極めて高く、学習により危険を回避するようになります。また、雑居ビルにねずみが住み着いた場合、1箇所だけでねずみの駆除を行ってもあまり意味がありません。一時的に駆除を行う場所から他のフロアに逃げるだけで、駆除が一段落するとエサのある場所に戻ってきてしまうのです。

ねずみの天敵は、ネコの他にはフクロウ、イタチ、テンなどが知られています。ねずみにとってはこれらの天敵は脅威であり、匂いにも敏感なほどです。ところが、自然の一切ない都会では、フクロウやイタチ、テンなどはまずいません。ネコは飼い猫や野良猫がいますが、都会の飼い猫の多くは屋内飼いです。さらに、野良猫が捕まえることができるのは、地上を移動するドブネズミであり、高いところを好むクマネズミを捕獲することは不可能です。このようなことから、都会のねずみには天敵がいないと言っても過言ではないのです。

このように、都会のねずみの駆除は田舎のねずみとは違う難しさがあります。ねずみの被害にお悩みの場合は、まずはお住まいの自治体の保健衛生課やねずみ駆除専門窓口に相談することをおすすめします。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク