コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. 決して侮れない!ねずみ発生によって現れる精神的な被害とは?

豆知識

決して侮れない!ねずみ発生によって現れる精神的な被害とは?

2018.04.17


ねずみは不衛生で病原菌をたくさん持っている
人間よりもはるかに小さな生き物であるねずみは、人が入り込めない狭い隙間を好みます。もちろん、それは清潔とは限らない場所がほとんどです。埃まみれの天井裏やじめじめとした床下、汚物でいっぱいの下水溝にも平気で入っていきます。食べものを探してゴミ捨て場などの不衛生なところにも出入りします。
そんなねずみの身体には、危険な病原菌を含む雑菌がたくさん付いています。サルモネラ菌やチフス菌などが、ねずみが運ぶといわれる代表的な細菌です。また、ねずみに噛まれることで細菌感染症を引き起こすこともあります。

ねずみの表皮にはノミやダニなどが寄生しています。このノミやダニは、ねずみの活動中に、ねずみの身体から人の住処内に移動したり、死骸がねずみの身体から落ちたりします。ノミ・ダニは人間にも害を及ぼしますが、なんといっても恐ろしいのは、ノミ・ダニを介して人間に感染・発症してしまう病原菌です。代表的なもので、ツツガムシ病に感染・発症する恐れがある、ツツガムシリケッチアがあります。ツツガムシ病は日本国内でも発症例が多く、毎年500人程度の感染例が報告されていますが、治療が遅れると死亡することもある病気です。

ねずみは決まった場所で排泄をする習慣はありません。このため、人間の建物に侵入した場合、移動する先々で糞や尿を残します。上水道に入り込んだねずみによって、飲料水が汚染されることもあります。ねずみの糞や尿に潜んでいる代表的な病原菌はレプストピラ菌といい、日本国内でも沖縄県で発生例が報告されます。またレプストピラ菌感染症は、人獣共通感染症であり、人間だけでなく、ペットや家畜が感染し、死亡してしまうこともあります。

ねずみの糞や尿を見つけたら、決して素手で触らずに、ゴム手袋などをして掃除をしましょう。また、糞を掃除機で吸い込むと粉塵となって拡散してしまいますので、掃除の際は掃除機を使わないようにします。
ねずみ発生が原因で睡眠障害にもなりうる
ねずみに気が付くきっかけのひとつに、匂いがあります。家の中で物が腐ったような悪臭がするけど、どこから匂うかわからないということがあるかもしれません。調べてみると、壁の中などの人間の目が届かないところで死んだねずみの死骸が腐敗していたことが多いのです。また、糞や尿の匂いも悪臭の元になります。この匂いは、「吐き気を催すような強いケモノ臭」と表現されます。匂いは一度気になると余計に気になりますし、発生元がわからないこともストレスになり、睡眠を妨げる場合もあります。

ねずみは用心深い生き物です。視力は弱いのですが、聴覚や嗅覚などが優れているので、真っ暗な場所や夜でも活発に動くことができます。このため、人が就寝している夜間に、天井裏や壁伝いに、柱や梁を伝って屋内を移動します。このときにねずみが立てる騒音で、ねずみがいるのだと気付く人もいます。聞こえてくる騒音は、ねずみが動き回る音のほかに、物を囓る音もあります。壁や柱をゴリゴリ、ガリガリと削る音が一晩中聞こえることもあるそうです。

ねずみは用心深い生き物ですが、学習能力が高い生き物です。環境に馴染むと、食べものを探してあちこちを徘徊します。また、雑食なのでいろいろな物を食べますし、堅いものを囓る習性があります。このため、ねずみに大切な家財道具や貴重品を囓られて疵物にされたり、糞や尿で布製品や衣服を汚されたりすることもあります。また、人間に慣れ、人間が攻撃してこないことを学習したねずみは、運動能力が低下している高齢者や乳幼児などを攻撃して噛み付くということもたびたび報告されています。前述のとおり、ねずみに噛まれると細菌に感染することもありますので、極めて危険です。
ねずみ駆除がうまくいかずノイローゼ気味になる方も少なくない
自己流でねずみを駆除しようとする人が陥りがちなのが、中途半端な駆除を繰り返すことで、ねずみとの泥仕合を続けてしまうことです。ねずみは知能が高く学習能力があり、ストレスにも強い生き物です。ねずみを駆除する方法はいくつもありますが、どれもねずみの習性を十分理解して実行する必要があり、またどれもが決定打ではありません。新しい駆除法を試すたびに、ねずみがそれらの駆除法を学習し順応してしまうと、効力がなくなり、通用しなくなってしまうからです。

ねずみの能力を軽視して毒餌や罠やネズミ取りシートを設置しても一向に捕まらず、だんだん高額なものを購入するようになります。しかしそうやって時間やお金を注ぎ込んでも一向にねずみが減らないとなれば、ノイローゼ気味になっても仕方ないでしょう。

ねずみの駆除に当たっては、侵入済みの建造物からねずみを一掃し、その後再侵入させないために侵入経路を塞ぎ、万が一ねずみが入ってきても長居をさせないような環境作りを行うことが必要です。しかし、さまざまな駆除方法を学習してしまうと、ねずみの駆除は難しくなる一方です。ねずみの行動や習性を理解した上で効率的に駆除を行うという観点からも、最初に見かけた初期段階から、経験や知識が豊富なねずみの駆除専門家に相談した方がいいでしょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク