コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ねずみの繁殖力はすさまじい!ねずみの増殖時期はいつ?

豆知識

ねずみの繁殖力はすさまじい!ねずみの増殖時期はいつ?

2018.03.30

ねずみの繁殖力は異常
いつの間にか家の中に密かな気配を感じさせ、夜中には天井裏で運動会を始めるねずみ。ねずみは人のいない時間帯や人のいない場所を狙って行動しているため、家の中にいても気づきにくく、増えてからねずみの発生が発覚することもあります。

ねずみは繁殖力に優れており、個体自体の寿命はそれほど長いわけではありませんが、短い寿命の間に異常な繁殖力で数を増やしていきます。寿命は短いものの、生存期間の多くが繁殖期間となっており、短い妊娠期間を経て一度に多くの子供を産みます。ねずみの種類別では、クマネズミやドブネズミは寿命が3年ほどで、生後3ヶ月くらいから2歳くらいまで繁殖が可能です。ハツカネズミの寿命はクマネズミの半分くらいですが、生後5週くらいから繁殖できるようになります。

早い時期からの繁殖開始と短い妊娠期間によって、ねずみは脅威のスピードで繁殖を進めていきます。そもそもねずみの異常な繁殖力は、野生動物としての種の保存に関係しているようです。捕食される側になりやすいねずみは、異常な繁殖力をもって捕食し尽されるのを防いでいます。

ねずみが増殖する時期
ねずみは野生の世界では捕食される側として弱い立場です。たくさんの子を産むことで種を維持しています。そのため、絶えず妊娠と出産を繰り返すスタイルを取っており、特定のシーズンに発情期を迎えることはありません。1年中が繁殖する時期であり、いつのシーズンも油断せずにねずみ対策が必要です。ただし、ねずみの種類によってそれぞれに、もっとも繁殖しやすいシーズンはあります。特に注意したいのは暖かくなる季節です。

クマネズミの繁殖のピークとなるのは、夏です。繁殖期は通年ですが、夏場にさらに繁殖スピードが上がる可能性があります。ドブネズミは春と秋が繁殖のピークとなります。ハツカネズミも春と秋がもっとも繁殖しやすい季節です。ねずみは寒さに弱い動物なので、基本的には暖かいシーズンに繁殖のピークを迎えます。

活動時間は日没直後と夜明け前がピークとなり、昼間はあまり活発に動きません。ねずみの存在に気がつくのが夜なのも夜行性の動物だからです。屋根裏で夜間に音を立てるのはクマネズミ、ドブネズミは湿気の多い台所など、ハツカネズミは物置や倉庫などで発見されます。巣は敵から自分や子供を守り、繁殖をするために作られます。紙や布、わら、ビニールなどを使って、暖かく柔らかい巣に仕上げます。

ねずみが1年で出産する子供はなんと!
繰り返し繰り返し、妊娠と出産を重ね、年間で数十匹の子を出産します。クマネズミでは妊娠期間が20~21日、1回の出産で6~7匹程度を生み、1年で5、6回くらい妊娠します。ドブネズミもクマネズミ同様の頻度で妊娠出産を繰り返し、1回の出産で7~9匹の子を出産します。つまり、1年で大体30匹以上繁殖可能ということです。

ハツカネズミは他の二種類よりもやや短い妊娠期間で、5~6匹程度生み、年間通してでは6回~10回程度妊娠します。可能性としては、1年で60匹程度増える計算です。ハツカネズミはもっとも増えやすいねずみであり、「二十日ネズミ」という名の由来も20日くらいの妊娠期間で生まれるためとされています。

もちろん、この妊娠出産をするねずみは家の中に1匹だけということはありません。また、生まれたねずみたちもそれぞれに成長し、ハツカネズミで生後5週、クマネズミやドブネズミでは3ヶ月ほどで同じように妊娠できるようになります。「ネズミ算」とは良く言ったもので、時間とともに繁殖スピードは加速していく恐れがあります。

人間を含めて、他の動物、哺乳類から考えると脅威の繁殖力であり、非常に速いスピードで増えていくことが予想されます。この繁殖スピードから考えると、ねずみを駆除する場合には1匹1匹に対応している場合ではありません。まとめて一気に駆除をするとともに、1匹も残さないこと、そして駆除が終わったら二度とねずみが入り込まないようにすることが必要です。わずかでも残っていたり、再び入り込まれたりしたら、最初は数匹でもまた、いつの間にか莫大な数に増えてしまうことでしょう。

ねずみが繁殖してしまい、駆除が必要となったら、まとめて残さず駆除を行えて、駆除後にねずみを侵入させないようにできるプロの専門業者に依頼する方が安心です。まだそれほど増えておらず、数匹のねずみであれば、ホームセンターなどで購入した駆除グッズで対策をすることもできますが、実際の数を把握するのは難しく、侵入経路の特定や侵入の予防を確実に行うのも知識や技術がないと不安です。実質的なねずみの形跡が見える場合には、病気感染や住宅設備の故障など被害の心配もあり、早い駆除が必要となります。

ねずみの繁殖スピードに立ち向かうのは難しいため、早めに業者へ依頼した方が安全です。業者に依頼すれば、完全な駆除には時間がかかってもねずみが目につく場所に出てくるのを減らし、精神的なストレスや健康被害をすぐに減らすこともできます。また、駆除と予防の両面から対策を進めることができ、効率良くねずみを減らしていけるでしょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク