コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. ねずみ駆除をする際に一番厄介なねずみの種類は何?

豆知識

ねずみ駆除をする際に一番厄介なねずみの種類は何?

2017.12.15

ねずみ駆除をする際に一番厄介なねずみの種類は何?
人が生活している範囲に被害をもたらすねずみの種類といえば、大きく分けて3種類があげられます。ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種類です。ねずみそのものの姿を見たときには、大体の区別がつきやすいものです。大きさの順にあげると、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの順になります。体長15~25cm程度のクマネズミは、近年家庭でもよく見られがちなねずみです。

クマネズミは、体重がドブネズミやハツカネズミの中間で平均して100~200g。背中の毛は、茶褐色や黒であるのが特徴です。ドブネズミやハツカネズミと比べると、しっぽが長めなのもわかりやすい特徴といえます。ねずみの姿を見かけてもしっぽしかとらえることができなかったということはあるため、しっぽの特徴でどのねずみか見当をつけられることは貴重です。クマネズミは、ハツカネズミのように耳が大きめという特徴も持っています。

クマネズミには、他のねずみとは異なる性質的な特徴もあります。ハツカネズミはペットとして飼われることもあるくらいですから、大人しいのが特徴です。一方、ドブネズミは獰猛で近づくと危険な面もあります。ただし、この2種類のねずみは警戒心が低いという特徴を持っています。これに対してクマネズミは、臆病な性質から警戒心も高いのが特徴です。

高いところまでジャンプすることや、綱渡りのような行動が得意という特徴も、クマネズミは持っています。しかし、運動能力や体力が万能かというと、泳ぎは苦手で寒さに弱い面もあり、弱点もあるのです。よく生息しているのは、天井裏や壁の中など。特に狭い空間が好きなのは、臆病で警戒心が強い性質が関係していそうです。乾燥した場所や高いところなども、好んで住み着きます。

クマネズミは、動くのが得意で動き回りながらも排泄をします。そのため、移動ルートにはフンが残りやすい傾向があります。どの種類のねずみの被害に遭っているかを見極めるには、残されたフンも重要です。ねずみのフンは種類に比例してサイズが分かれ、クマネズミはドブネズミとハツカネズミの中間ほど。6~10mmが平均で、細長い不ぞろいな形をしています。
通称「スーパーラット」
近年、被害が増えているねずみのなかには、スーパーラットと呼ばれる種類もいます。名前からして驚異的なイメージのあるねずみですが、実はスーパーラットの多くはクマネズミが進化したものだと見られています。どのように進化しているかというと、殺鼠剤に対して耐性を持っているのです。

つまり、以前からある殺鼠剤が効果を発揮しないということで、なおかつ殺鼠剤をなかなか食べない習性まで身についているといいます。毒に耐性を持ったスーパーラットは遺伝子が受け継がれ、子供にもスーパーラットが生まれやすいのが困ったところです。ねずみは一度に大量の子供を産みますから、それが全てスーパーラットになってしまったら被害を防ぎようがないように思えてきても無理はありません。

スーパーラットのなかにも多いとされるクマネズミは、非常に運動能力が高く、用心深いためになかなか駆除しにくい種類です。そんなクマネズミがスーパーラット化して増加しつつある背景には、ドブネズミが激減している事情も関係しているといいます。ドブネズミは比較的に駆除しやすく、出現する場所も限られているため、数を減らすことができたのです。

どうやって駆除すれば良い!?
従来では、ねずみ被害の薬成分としてワルファリンやクマリンといった種類が使われてきました。しかしこれらが効果を発揮しないスーパーラットには、リン化亜鉛を用いた殺鼠剤が使用されるようになってきています。ねずみの胃液に反応して毒ガスが発生する薬品で、高い効果を期待できます。

リン化亜鉛を使った殺鼠剤は、一般に手に入れることもできます。ただし、毒性が強力な点には注意する必要があります。リン化亜鉛は劇薬指定もされている薬剤であり、人間やペットにも健康被害がおよぶ心配があるのです。子供やペットが殺鼠剤をうっかりなめたり、触った手を口に持っていったりするのも危険です。一般家庭で使用するのは、十分に検討したほうがよいでしょう。

リン化亜鉛の効果は、あまり長期間は継続しないのも覚えておく必要があります。平均して2週間ほどすると効果が半減し、2ヶ月すると10%以下の効果になってしまうといいます。それではスーパーラットに逃げ道を与えてあげるようなものですし、効果の弱いリン化亜鉛に接触することによってスーパーラットがさらに進化してしまう恐れもあります。

ねずみ駆除業者も、リン化亜鉛入りの殺鼠剤を使用する場合があります。しかし、さらに効果的な方法として、罠を用いたり、侵入経路を閉じたりするといった対策をとるのがプロの業者ならではです。スーパーラットに限らず、侵入経路を塞げばどんな種類のねずみも入り込めなくなるため一石二鳥です。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク