コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 豆知識
  4. プロの見極めがスゴイ!糞の特徴でネズミの種類がわかる!どれがどのネズミ?

豆知識

プロの見極めがスゴイ!糞の特徴でネズミの種類がわかる!どれがどのネズミ?

2017.11.30

■糞がまとまって太いのは”ドブネズミ”
ネズミと一口にいってもさまざまな種類があります。大別すると町中に住む家ネズミと山里に住む野ネズミがいますが、人家に侵入して被害を及ぼすのはほとんどが家ネズミです。家ネズミのなかでも最も大きいのがドブネズミで、体長は20cm~28cm程度ですが、30cmを越える個体もいます。

体が大きく、尻尾が短く、耳が小さめならば、それはドブネズミの可能性が高いといえるでしょう。しかし、ネズミは非常に警戒心が強い動物であるため人前に姿をあらわすことはめったにありません。そこで、手がかりになるのがネズミの糞です。

もし、10mm~20mm程度の太い糞がまとまっていたら、それはドブネズミの糞と考えられます。丸みを帯びた糞がどれも同じような形をしているのが特徴です。植え込み、壁際などの野外に落ちていることが多いので注意してみてください。

ドブネズミは泳ぎが得意なことも特徴のひとつです。湿気の多い場所や下水道を好み、排水管伝いに家の中に侵入してくることもあります。もし、シンクの扉が齧られるなど水回りの被害が多いならばドブネズミの仕業かもしれません。飲食店によく出没するのもドブネズミです。一方、高いところは苦手なためマンションの上層階などに出ることはあまりありません。
■糞が散らばって細くて長いのは”クマネズミ”
家ネズミのなかで最も運動能力が高いのがクマネズミです。ジャンプや綱渡りが得意で高いところも平気なので、電線伝いに屋根裏から侵入してくることもめずらしくありません。一戸建てだけではなくマンションにもよく入り込んできます。

乾燥したところや高所が好きで、主に天井裏などに生息していますが、狭いところも好み10平方cm程度の空間があればどこにでも入り込んできます。外壁と内壁の間の空間にいることが多いのもクマネズミです。

体長は15cm~25cmとやや小柄で、体よりも尻尾が長く、大きな耳を持っていることが特徴です。しかし、クマネズミは家ネズミのなかで最も臆病かつ警戒心が強いともいわれ、どのネズミよりも目にする機会が少なく、侵入の手がかりになるのは糞しかないといっても過言ではありません。

運動量の多いクマネズミは動き回りながら糞をするという習性があります。もし、6mm~10mm程度の細長く不揃いの糞ならばクマネズミが残していったものかもしれません。ただ、天井裏や壁の中などにあることが多く見つけにくいのが難点です。
■米粒のように小さく端がとんがっているのは”ハツカネズミ”
家ネズミの中でも体長6cm~10cmと最も小さく、ドブネズミやクマネズミの半分程度しかない手のひらサイズなのがハツカネズミです。その小ささと身軽さゆえに、ほんのわずかな隙間からでも家の中に侵入してきます。普段は野外で暮らしていることも多いハツカネズミですが、冬場だけ寒さをしのぐために民家に避難してくることもあるため注意しなければいけません。

小柄なハツカネズミは糞も小さく4mm~7mm程度で、両端が尖っているのがサインです。黒い米粒のようなものが家具の隙間などに落ちていたら、それはもしかしたらハツカネズミの糞かもしれません。他のネズミでは入れないようなほんのわずかな隙間にも残されていることが大きな特徴です。

以上のように家ネズミのなかでもドブネズミ、コマネズミ、ハツカネズミで糞はそれぞれに違います。よくよく見れば個性が豊かですが、どれも小さいものであるためそもそも見逃しがちですし、たとえ見つけたとしても素人では判断しにくいものです。しかし、ネズミ駆除のプロならばまず間違えることがないというのはさすがといえるでしょう。

また、もしネズミの糞を発見したとしても、素人が下手に手出しをするのは危険です。ネズミはいろいろな病原菌を持っており素手で触るのは厳禁であるため注意しましょう。必ず使い捨てのビニール手袋等を装着したうえで処理するようにしてください。

さらに、フンが落ちていたということは、家の中にネズミが侵入してきている証拠に他なりません。「そうとはいっても姿も見ないし物音もしない」などと悠長に構えていて、取り返しのつかないことになった例もあります。

ネズミは極めて繁殖力の強い動物でもあります。ハツカネズミなどは名前の通りわずか二十日程度の妊娠期間で2~7匹を出産しますが、実はどのネズミも大差はありません。それぞれの個体は3ヶ月ほどで生殖可能になるため、まさにネズミ算式に繁殖していくというわけです。

ネズミの姿を見かけたり鳴き声を聞いたりするようになったらすでに相当数個体が生息している可能性があり、駆除にも大変時間がかかります。フンを見つけた時点でなるべく早く手を打つことがネズミの早期駆除には欠かせません。「ネズミのフンかもしれない?」というものを見つけたら、一刻も早く駆除専門業者に相談のうえ、しかるべき手段をとることを強くおすすめします。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク