コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. 飲食店でネズミの痕跡を見つけた時に一番初めにやるべきこと

駆除方法

飲食店でネズミの痕跡を見つけた時に一番初めにやるべきこと

2019.03.28

飲食店では食品衛生法に従い【食品の安全確保】が義務づけられていますが、食の安全を脅かすネズミといった害獣とゴキブリなどの害虫は食事を提供する店舗にとって天敵。もし、店内でネズミの痕跡を見つけてしまったら皆さんはどんな行動をとりますか。

ネズミの存在を知る手がかり

慎重で臆病な性格のネズミは、あまり人前に出るような大胆なアクションは起こしません。

そのため、偶然目視で確認することもありますが、ネズミがいるかもしれないと存在にいち早く気づく事が重要。いくら知能レベルが高いネズミでも形跡を隠す程の知性は持ち合わせてはいません。いち早く察知できるようネズミの痕跡について知っておきましょう。

ネズミの存在を疑う手段として最も有効なのがネズミの糞です。

飲食店に頻繁に出没するドブネズミは太くて大きめのフンを地面に、運動能力抜群のクマネズミは床だけではなく高所にも細長いフンをまき散らして歩きます。

日々の清掃時にネズミのフンをゴミだと勘違いして見逃さないために、フンの種類や特徴はネットなどで事前に確認しておくのがベストです。

そして、ネズミはやむを得ずに道端を横切る時もありますが、天敵を避けるためにほとんどが道路の側溝といった隅を移動します。これは室内でも同様で、何度も同じ安全ルートを行き来する事で壁や家具に黒い跡(ラットサイン)が残ります。ラットサインは粘着シートや毒エサなどのトラップを仕掛けるときにも役立ちますが、存在を疑う手掛かりとしても知っておいて損はありません。

また、げっ歯類特有の一生伸び続ける鋭い歯は削らなければ食べ物を摂取できず餓死してしまいます。そのため、至るところを噛む習性を持っており、床や壁だけではなく排水管やガスホースなどに身に覚えのない穴を発見した際はネズミがいる可能性が高くなります。

痕跡を発見したらやるべきこと

ネズミがいるかもしれない…。

そう感じた時に初めにやる事はネットでネズミ駆除方法について調べるではありません。

経費削減のため、365日24時間営業で休めないという理由から自力駆除に乗り出そうと考える経営者の方も少なくないでしょう。

しかし、一番初めにやるべきことは営業中であれば店を閉める、開店前であれば営業を中止することです。ネズミは菌やウイルスを媒介しており、ネズミの体だけではなく糞尿や唾液に接触した食材を口にする事でも感染症は発症します。

食中毒者が出た場合には営業停止や損害賠償問題にも発展しますが、客席にネズミが登場すればクレームだけではなくお店の評判も下がりFacebookやTwitterにより猛スピードで世間に知れ渡ってしまいます。そうすると閉店に追い込まれるのも時間の問題となってしまうでしょう。

食の安全を守る飲食店だからこそ

一般家庭での市販グッズを使用したイエネズミ駆除は効果が得られなかった場合には自己責任で終わってしまうかもしれませんが、ファストフード店やレストランといった料理を扱う飲食店ではそうはいきません。

飲食店でネズミを見つけた時はネズミの侵入ルートを防ぎ、出戻りを許さない環境作りを施工してくれるプロのネズミ駆除業者へ完全駆除の連絡をしましょう。

また、急な店じまいもお客様との信頼関係に響くと懸念される店舗では、定期的な消毒などで事前対策を怠らないことをオススメします。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク