コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. 侵入されたでは手遅れ。飲食店のネズミ対策は事前がポイント

駆除方法

侵入されたでは手遅れ。飲食店のネズミ対策は事前がポイント

2019.03.28

ネズミに侵入され危機感を感じ駆除方法について考え始める方が大半ですが、安全な食事を提供する飲食店にとっては駆除よりも侵入されないための対策方法が重要。
特にネズミの被害に悩むビルや施設が近隣にある場合は迅速に行いましょう。

ネズミの基本対策方法

ビルの一角に店舗を構えているお店では、他店がネズミ対策を行っていなければ、その店舗がエサ場となりビル内の天井や壁の隙間はネズミが大量繁殖。自店舗にいつ被害が及ぶか分かりません。

経営するお店がネズミの被害を受けないためには侵入されないことが大切であり、侵入経路となり得る穴をパテ・金網・セメントなどで塞ぐ必要があります。

ドブネズミは高所での移動を苦手とし、排水溝など比較的低い場所。クマネズミは運動能力が優れているので高所。ハツカネズミは体が小さくちょっとした隙間も容易に通れるので「この穴は小さいから問題ない」と自己判断で処理を怠るのは危険です。そして、ドブネズミは強靭な歯で排水管に穴を空けてしまうので、メンテナンスも日頃の仕事として取り入れましょう。

もし仮に侵入されてしまったとしても、エサが入手できない場所と分かればネズミは撤退することもありますので、食材を強固な容器に変える、保存場所を扉付きの棚に変えるなども有効です。また、ネズミの嗅覚を利用し嫌いな匂いで追い払う忌避剤、不快を与える超音波器などは不愉快な場所と印象付けられるのでオススメです。

飲食店の顔を汚す野生のネズミ

野生のネズミは菌やウイルスを媒介し、不衛生な生き物として有名です。

そのため、飲食店では店内だけではなく店先にも気を配らなくてはいけません。

店裏や店横にゴミ捨て場がある場合には、エサを求め入店前のお客様の視界に入るや横切ることもあります。

来店用の正面出入り口はお店の顔として、毎日清掃を心がけている店舗さんも多いことでしょう。その店先にネズミが姿を現わせば、第一印象はネズミとなり「客席は清潔でも厨房にネズミがでるのでは」「食中毒の危険があるのでは」など悪いイメージを植え付け、不安を与えてしまうことになり兼ねません。店内だけではなく店外の駆除や対策方法についても考えましょう。ゴミ袋は露出した状態ではなく、しっかり蓋を閉じることのできるポリバケツに入れるなどの対策が必要となります。

また店頭に現れたネズミの動画を撮影され、SNSでネズミが出る店としてつぶやかれ拡散でもしたら、根も葉もない風評被害を受ける可能性もあるのでネズミ対策は重要なのです。

労力を要するネズミ駆除はプロへ

ネズミは毒エサや捕獲機を避けて通る、忌避剤や超音波には耐性がつくなど、学習能力と環境適応能力が非常に高い生物。

対策を講じてみても失敗に終わったや駆除グッズを使用しても効果が現れなかったという時に、ネズミの習性を理解し行動経路を熟知しているプロのネズミ駆除業者へ相談しましょう。

また、ネズミの死骸から空気感染による感染症の発症もおこりますので、ネズミの死骸処理が難しい店舗さんや、ネズミを1匹でも招きたくないと考えているオーナー様は自力での対策や駆除を行わずにプロに徹底防除や排除の依頼をして下さい。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク