コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. 糞のNG処理方法。ネズミ駆除を依頼する前に知っておこう。

駆除方法

糞のNG処理方法。ネズミ駆除を依頼する前に知っておこう。

2019.02.21

ネズミは大量の菌を媒介していますが、尿や糞もウイルスに侵されているため、一刻も早く処理をしたいと思うのが心情でしょう。しかし、焦って素手で触るような方法は非常に危険。ネズミ駆除を依頼する前にきちんと糞の処理方法について知っておきましょう。

糞を見かけた時の基本対処

近年一般家庭で被害が増加しているクマネズミは、糞をいたるところにまき散らしながら行動を起こします。エサとなる食料が手に入りやすいキッチン周りだけではなく、庭やベランダといった場所でも糞を発見する事もあります。

フンは悪臭を漂わせるだけではなく、寄生虫や病原菌が付着しているため処理をする際は素手では触れないのが鉄則。掃除用の手袋着用やビニール袋を用いて掴み、キッチンペーパーやティッシュなどを重ねて取るようにして下さい。

また、ホコリと一緒に細菌が舞う可能性があるのでマスクを着用し、子供やペットは別室へ避難させておくとより安心です。

また、糞が落ちていた場所の周囲には茶色や黄色い刺激臭のある尿も散乱している可能性があるため、フンの撤去が完了した後は糞が落ちていた場所だけではなく、周囲をアルコールやエタノールで除菌と殺菌をするのを忘れないようにして下さい。

特にキッチンは人が口にする食べ物を扱う場所であるため、食器や調理器具の洗浄や除菌もしっかりと行いましょう。

NG処理行動

便利な世の中となり、食べかすや小さなゴミがあると使いたくなるのが掃除機。

しかし、ネズミの糞の掃除には絶対使ってはいけない相性の悪い電化製品です。

掃除機を使用すると糞を巻き上げってしまうだけでなく、排気口から吸い上げた病原菌やダニを部屋中に飛散させる原因となってしまいます。

そして、しっかりと掃除機を洗浄せずに他の部屋で使用した場合にはダニを家中にまき散らす事になるので絶対に使用はしないでください。

ネズミ駆除依頼に役立つ写真

糞の処理を行う前にフンや発見した場所、周囲に残されているラットサインを写真に撮る事で、行動パターンや侵入経路を推測するのに役立ちます。

そのため、ネズミ駆除依頼を検討している方はスムーズに作業を進めるために写真に収めておくと良いでしょう。

ねずみのフンを発見した際に大人が処理する事は出来ますが、飼い主が見ていないところでペットが口にしてしまった、親が目を離した隙に赤ちゃんが食べたという事例もあります。

大切な家族に危険が迫る前に、プロの業者へ完全駆除依頼をする事をオススメします。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク