コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. 目は悪いが知能は高いネズミ!習性を理解したネズミ駆除対策

駆除方法

目は悪いが知能は高いネズミ!習性を理解したネズミ駆除対策

2018.12.23

夜行性のネズミは、動いている物体への感知は9~12mと優れていますが、色の識別や視力は良くありません。しかし、視力が悪いのにネズミ捕りシートなどを使用した捕獲も出来ないのには、ネズミの知能の高さや習性が関係しています。ネズミの習性を理解した駆除対策を行いましょう。

ネズミの知能の高さ

ネズミは、夜行性にもかかわらず視力が悪い動物です。しかし、ネズミ駆除グッズを設置しても捕らえることが出来ないのは何故でしょう。それは人間の罠をいとも簡単に掻い潜る知能の高さが考えられます。

 

ネズミの知能の高さは、学者の実験によって明らかとなりつつあり、ネズミを迷路の中に入れ、行動を検証する実験方法で見せたネズミの行動から窺える知力の高さは、ネズミ駆除が上手くいかない理由にも結び付きます。

 

ネズミは迷路のような入り組んだ地形の中でも、正しい道を選択・把握する記憶力・知能の高さを証明しています。そして、罠に掛かった仲間がいる場所や、臭いや環境に変化が起これば、警戒心を高める危機察知能力もネズミが持つ特徴です。

このようなことから、ネズミの知能の高さと学習能力が優れているといった事が分かり、ネズミ駆除を自身で行ってもなかなか捕まえられないといった問題にも繋がります。

どうやって駆除すればいい?

ネズミの知能が高いと知れば、ネズミ駆除グッズの超音波や殺鼠剤などの便利アイテムを使用したとしても、簡単に駆除まで至らないケースがあって当然です。習性などを知らなければ、効果的なトラップも仕掛けられず、結果被害が拡大する可能性だって大いにあります。

 

なぜ、上手く事が進まないのかと問われれば、ネズミ駆除業者が持つ経験や実績、知識が一般の方には足りないため失敗しても仕方がありません。どんなに効果あるグッズを取り入れたとしても、ネズミの行動や性質を掴んだ罠を仕掛けなければ、効果も薄れてしまう事にもなります。ましては、賢いネズミの警戒心を高めるだけであれば、さらに捕らえることが難しくなります。

結果、ネズミの駆除を成功させるためには、プロの力を借りることが一番効率の良い方法となります。

駆除業者の作業内容

駆除業者の作業内容は、現地調査から始まりネズミの規模や侵入経路を確認し、トラップを仕掛け侵入経路を断つことで、ネズミを追い込む作業になります。企業独自の罠を設置することもありますが、実際に家庭でも購入可能な駆除製品を使用して追い込むことも。

駆除業者が見せる施工は、ネズミの痕跡や思考を読み取り効果的に侵入ルートを把握し、毒エサや粘着シートを効果的に設置するため、プロの所業と言わざるを得ないでしょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク