コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. 農作物の被害を減少させるネズミ駆除方法はドライアイス

駆除方法

農作物の被害を減少させるネズミ駆除方法はドライアイス

2018.12.20

ネズミなどの害獣による農作物の被害は甚大です。農家の方にとっては、大切な収穫時期に荒らされてしまえば収益の減少にも繋がり経済的な痛手にもなります。駆除方法は毒エサや殺鼠剤を使用することもありますが、今回はドライアイスを使用したネズミ駆除方法をお伝えします。

ネズミによる農作物の被害

農林水産省が報告した平成24年度のネズミによる農作物被害は7億円、平成29年には1億2千万円と発表しています。何か月・何年も手入れし、我が子のように大事に育てた作物を荒らす害獣は農家の方にとって悩ましい問題です。駆除しても、また翌年に同様の被害が出れば農業を諦めたくなる方もいるでしょう。

 

国内で農作物の被害をもたらすネズミの種類は、ハタネズミ・ハツカネズミ・ドブネズミなどが挙げられます。そして、ハタネズミは穴を掘り進め、トンネルを作りワラや枯れ葉を集めて巣を作り、果樹や野菜だけでなく、樹木も被害を受けるため大変面倒な存在です。

ドライアイスで駆除

農作物に影響が出れば、毒エサや殺鼠剤やネズミ捕獲器を使用する方法を取り入れる農家の方は多いと思いますが、効果的な駆除に繋がらないことが大半です。また、ペットなどを飼っていれば、間違って誤飲してしまう可能性もあるため、極力使いたくないと考える農家の方もいるでしょう。

そのため、ドライアイスを使用した駆除方法を試してみてはいかがでしょう。

 

ニューヨーク市保健衛生局は、新しいネズミ駆除方法としてドライアイスを用いた施策を導入しました。公園や木の周りにある、地面に空いたネズミの巣穴の入り口に、細かく砕いたペレット状のドライアイスを入れ込んで、土で出入口を塞ぎ、巣内の酸素濃度を低下させ、ネズミを窒息死させる方法を取り入れました。この手法で行えば90~100%でネズミが死に絶えるといわれるため、確実な駆除効果が期待できます。

 

ネズミの巣穴は枝分かれしていることがあるため、出入口を全て塞ぐことが重要なポイント。巣全体に二酸化炭素が充満し酸素を低下させる方法のため、高度な技術も必要がなく簡単にネズミを駆除できるのがメリットです。また、ドライアイスの単価自体も高い物ではないので手軽に行える駆除方法として脚光を浴びています。

農作物を守るためにプロの駆除業者に相談も

農作物や木々のネズミによる被害が大きい場合は、大々的な駆除も検討に入れなければなりません。巣穴を見つけるなどできれば、ドライアイスを使用した対策を行ってみてはいかがでしょう。また、プロの業者に依頼し農作物の被害を軽減してもらうためのアドバイスを受け、施策するのもおススメです。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク