コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. ネズミ駆除にかかる料金の相場はいくら?希望にあった安心できる業者を探そう

駆除方法

ネズミ駆除にかかる料金の相場はいくら?希望にあった安心できる業者を探そう

2018.08.16

ネズミは人の家に好んで棲みつき、ダニや病原菌を撒き散らしたり建材を齧って漏電を招いたりと大きな害をもたらす存在です。ネズミは繁殖力が極めて高いため、気配を感じたらすぐに駆除対策をする必要があります。しかし、ネズミ駆除を業者に依頼する場合、費用がどれくらいかかるのか、きちんと駆除してもらえるのか心配な人は多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは、ネズミ駆除の費用の相場や、駆除の方法、効果などについて説明していきます。駆除にかけられる予算や希望する方法に合わせて、自分に最適な業者を見つけて依頼しましょう。

目次

・ネズミ駆除を業者に頼んだ場合の料金相場 ・ネズミ駆除業者の見積もり料金を決める基準・業者によるネズミ駆除方法と料金の目安・バネ式のワナ・箱式のワナ・殺鼠剤・超音波・電磁波・粘着シート・防鼠金網・忌避剤・ネズミ駆除業者の施工事例と料金を紹介!・2階建て木造住宅(延床面積25坪)・2階建て木造アパート(延床面積32坪)・自力によるネズミ駆除方法と料金の目安・今いるネズミを駆除する費用・侵入防止グッズの費用・除菌・清掃グッズの費用・二次被害に対してかかる費用・自分で駆除するのとネズミ駆除業者に頼むのはどちらがよいか?・費用をなるべく抑えたい場合・手間や負担の軽減・効果重視の場合・優良なネズミ駆除業者を見極めるポイント・必要な料金が明確に書かれているか?・保証期間がついているか?・契約を急かされていないか?・ネズミ駆除の実績があるか?・ネズミ駆除業者に現地調査・見積もりを依頼する時の注意点・見積もり金額が同じでも駆除方法が違うこともある・駆除の状況を細かく説明しない場合もある・質問には対応してもらえる・ネズミ駆除業者を探す時は比較サイトの利用が便利・ネズミ駆除業者に頼んで快適な暮らしを取り戻そう!
ネズミ駆除を業者に頼んだ場合の料金相場
業者に駆除を依頼する場合、最も気になるのはどれくらいの費用がかかるかということではないでしょうか。参考までに、住居の形態別に費用の相場を紹介します。

まずは一戸建てですが、相場は8千~25万円です。マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、1室のみが1万~10万円、全体では30万円以上が費用の目安となります。金額の開きが大きいのは、建物の大きさや構造、被害の状況などによって変動するためです。そのため、上記の相場は目安程度に考えて、まずは現地調査の上で見積もりをとる必要があります。多くの業者が現地調査や見積もりを無料で行っています。
ネズミ駆除業者の見積もり料金を決める基準
駆除業者が費用を算出する基準には、建物の広さや建物の構造、施工内容(駆除の方法)、駆除に必要な期間や訪問回数などが挙げられます。駆除を行う場合、現場が何坪か・一戸建てか集合住宅か・部屋数はいくらか・建材は木造か鉄骨造かといったさまざまな条件を勘案して、最適な方法が選ばれます。そのため、このうちどれか1つの要素で費用が決まることはほとんどありません。たいていの場合、複数の要素を組み合わせて算出しています。
また、施工は1度で済むことはあまりありません。通常は、完全に駆除できるまで何度も訪問し、駆除が終了した後も侵入口を防ぐ工事を行ったり、メンテナンスを行ったりします。この施工にかかる期間で算出する業者もあれば、訪問回数で料金を決める業者もあります。
業者によるネズミ駆除方法と料金の目安
ネズミの駆除にはさまざまな方法があり、現場の状況に合わせて最も効果のあるものが選ばれます。ここでは、代表的な駆除の方法とそれぞれにかかる料金の目安を紹介します。ただし、料金は業者によって異なりますので、あくまで目安の数字となります。
バネ式のワナ
ネズミ捕りのワナと聞いて、おそらく多くの人が思い浮かべるのがこのバネ式のワナではないでしょうか。エサを仕掛けておき、ネズミが近づいたところでバネで挟み込んで捕えます。ほとんどの場合、ネズミはバネに挟まれて死亡します。
費用は数百円程度と安く、設置が簡単で何度でも繰り返し使えるのがメリットです。ただし、警戒心の強い種類のネズミはあまりかかりません。また、ネズミは基本的に学習能力が高いため、1度は捕まえることができても、残ったほかのネズミはかからなくなることがあります。
箱式のワナ
箱式は、中にエサを置いてネズミをおびき寄せ、入ると扉が閉じて出られなくなるというワナです。費用の目安は1000~2000円程度で、設置が容易で何度でも使うことができます。ただし、ネズミは生きたまま捕獲されますので、人間が自分で処分しなければなりません。また、バネ式と同様、警戒心が強い種類のネズミはかからず、学習したネズミもかからなくなります。
殺鼠剤
殺鼠剤とは毒の仕込まれたエサのことです。そのまま食べられる小さな固形タイプ、ネズミの好む食べ物にかけて使う粉タイプなど、さまざまな形状の物があります。食べてすぐに死に至る物、遅効性の物など、効果の早さも商品によってさまざまです。料金は高くて5000円程度でしょう。
ネズミの死骸を探しだして処分する必要があるのがデメリットです。屋根裏の奥の方などで死んでいるのに気がつかず放置してしまうと、蛆が湧くなど極めて不衛生な事態になる恐れもあります。また、警戒心が強いネズミに食べさせるために、最初は普通のエサを置き、食べるようになってから毒入りに変えるといったステップが必要になることも。さらに、毒性が低い殺鼠剤を食べさせた場合、耐性ができて毒が効かなくなる恐れがあります。
超音波・電磁波
ネズミが嫌う超音波や電磁波を発する小型の機械で、屋根裏などに設置して追い出すというものです。価格は数千円~数万円と機械によって差があります。ネズミ自らが逃げ出していくため、死体の処分をする必要が無いのが最大のメリットでしょう。しかし、超音波や電磁波に慣れてしまうとネズミが戻ってくることがあるようです。また、家の構造的に超音波や電磁波が届かないところができることがあり、ネズミがそこに集まって出ていかないというケースも見られます。
粘着シート
ネズミの通路に粘着力の高いシートを敷いておき、踏んだネズミがくっついて動けなくなったところを捕えるワナです。料金は数枚のセットで1000円前後と高くなく、設置しやすいのがメリットです。ただし、かかったネズミの処理は自分で行う必要があります。また、警戒心の強いネズミは近づかないため、粘着性のないシートを設置して慣れさせ、その後に粘着力のあるシートを敷くなどの工夫が求められることがあります。人間が踏んづけたり、ペットがかかったりしないよう注意が必要です。
防鼠金網
棲みついているネズミを駆除しても、侵入口が開いたままではいずれ別のネズミが入りこんでくる可能性があります。そのため、ネズミの出入口となりそうな穴は塞がなければなりません。段ボールなどでは齧られて穴が開く可能性がありますので、防鼠金網などを使います。料金は高くて5000円程度です。設置する場所の大きさや形状に合わせて金網を加工する必要があるため、DIYが苦手な人には難しい作業となるでしょう。ネズミの侵入口となる可能性のある穴や隙間をすべて特定して塞ぐ必要がありますが、これも素人では完全にすることは困難です。
忌避剤
ネズミが嫌う匂いを発して、追い払ったり、侵入を防いだりするのが忌避剤です。スプレータイプ、燻煙タイプ、薬剤の設置タイプなどいくつかの種類があります。料金は数百円から5000円程度です。ハーブが使用されていることが多く、ネズミには嫌な匂いでも人間にとってはむしろ良い香りと感じる物がたくさんあります。
スプレータイプは即効性が高い反面、持続性は高くなく、繰り返し使用する必要があります。燻煙タイプは火災報知機が感知しないようにするなどの対処が必要です。いずれの場合も、ネズミが匂いに慣れると戻ってくることがあります。
ネズミ駆除業者の施工事例と料金を紹介!
ネズミの駆除にかかる費用は、業者によって算出基準や設定料金が異なります。また、家屋の状態や被害状況によっても違ってきます。そのため、現地調査をして見積もりを取らなければ、どれだけの費用がかかるかはわからないのが実情です。しかし、ある程度の参考にはなりますので、実際の施行事例と料金を見ていきましょう。
2階建て木造住宅(延床面積25坪)
木造2階建ての住宅で駆除を行ったケースです。
まず、25坪の基本料金として5万6500円かかります。そこに粘着シート(1000円)を40か所に敷設し、撤去料金と合わせて4万円がかかっています。防鼠工事として、屋外侵入経路と考えられる通風口8か所、室内侵入経路として主にキッチン内の4か所に遮断工事(3500円)を行い、それぞれで2万8000円と1万4000円がかかっています。さらに、駆除後の消毒作業として、天井裏に薬剤散布や噴霧処理などを行った料金が2万4000円です。
この施工例では、合わせて16万2500円(税別)の料金になっています。
2階建て木造アパート(延床面積32坪)
次に、2階建て木造アパートでの駆除のケースです。
まず、32坪の基本料金として11万1500円が発生します。そこに、粘着シートを50か所に敷設・撤去して5万円、通風口5か所の遮断工事で1万7500円がかかりました。また、追い出し作業として天井裏に薬剤の散布や噴霧工事を施工。1平米あたり700円で100平米に行ったため、1万7500円がかかっています。さらに、消毒作業で2万4000円が発生し、合計で27万3000円(税別)になりました。
自力によるネズミ駆除方法と料金の目安
業者に駆除を依頼すると安くはない料金が発生するため、自力で駆除を行いたいという人もいるでしょう。そこで、自力によるネズミの駆除方法にはどのようなものがあるか、また料金はいくらくらいかかるかを説明していきます。
今いるネズミを駆除する費用
まず、現在家屋に棲みついているネズミを駆除するのにかかる費用の目安を紹介します。下記はすべて税込み料金となります。
殺鼠剤は、2gの錠剤タイプが15個入った商品が648円です。粘着シートは10枚入りの物が1111円です。忌避剤は、燻煙タイプの商品が648円で、これは8畳の部屋に1個の割合で使用するため、使う部屋ごとに必要となります。動物用捕獲器はネズミ用の小型の物は1000円程度で、繰り返し使用が可能です。超音波発生器は1万3200円で半永久的に使うことができます。
侵入防止グッズの費用
棲みついていたネズミを駆除したあとは、再び入ってこないように、侵入口を塞ぐ対策が必要です。そこで、侵入防止グッズの費用の目安も紹介していきましょう。すべて税込み料金となります。
防鼠金網は6枚セットの物が4676円、防鼠板は4枚入りで3500円、防鼠パテは1kgで3066円です。侵入口のサイズや場所によって最適な物を選びましょう。また、ネズミを確実に駆除したことを確認してから使用することが大切です。ネズミがまだいる状態で使用すると、家の中に閉じ込めてしまうことになりますので注意しましょう。
除菌・清掃グッズの費用
駆除して侵入口を塞いだあとは、ネズミが動き回っていた場所の消毒・清掃が必要です。そこで、除菌や掃除に必要な用具の費用を紹介しましょう。
除菌スプレーは100~500円、軍手は数枚入りで100円、雑巾も2、3枚セットが100円、使い捨てマスクも数枚入ったパックが100円で購入できます。ネズミが歩き回った跡や糞尿には、病原菌や寄生虫が存在しています。掃除は絶対に素手では行わず、面倒でも手袋やマスクをはめて行いましょう。掃除をしたあとは、使用した手袋やマスクはビニール袋に入れて廃棄します。
二次被害に対してかかる費用
駆除、侵入防止対策、掃除以外にも、ネズミによって二次被害が発生している場合はそれに対処するための費用も発生します。早期に駆除できて二次被害が起きなかったのであれば費用はゼロですが、大きな被害が起きている場合は数万~数十万かかることもあります。必要な費用は個別の状況によって変わってくるため、正確にいくらかかるのかを予測するのは困難です。
2次被害として発生するものには、かじられた配線の修理やネズミの媒介による感染症やアレルギー治療の医療費などがあります。また、駆除がうまくいかなかった場合、再び駆除グッズを購入する費用も必要となるでしょう。
自分で駆除するのとネズミ駆除業者に頼むのはどちらがよいか?
ネズミが棲みついていることに気づいた場合、繁殖する前に速やかに駆除対策をとることが大切です。ここで、自力で駆除しようか、業者に依頼しようか迷う人は多いのではないでしょうか。そこで、それぞれのケースで具体的にどのようなメリット、デメリットがあるのかを見ていきましょう。
費用をなるべく抑えたい場合
自力で駆除する最大のメリットは、費用を抑えられるということです。ネズミを駆除するだけでなく、侵入防止対策や消毒も行わなければなりませんが、各過程で必要な物はホームセンター等で比較的安価でそろえることができます。
しかし、自力で駆除対策を行った場合、捕獲したネズミは自分で処理しなければなりません。特に生きたまま捕獲した場合はとどめをさす必要があり、精神的に負担に感じる、抵抗を覚えるという人は多いようです。また、ネズミは警戒心が強くて学習能力の高い動物のため、素人が自力で駆除しようとしても失敗する可能性は高いです。完全に駆除して再発を防ごうと思えば、長い時間がかかることもあります。ワナを設置するために屋根裏などを動き回る場合、病原菌の感染やダニ被害に十分に気をつけて行う必要もあり、自力での駆除は、精神的、肉体的な負担は大きいでしょう。
手間や負担の軽減・効果重視の場合
"業者に依頼する大きなメリットは、確実に駆除できる可能性が極めて高いことです。プロである業者は、ネズミの行動パターンや生態を熟知しており、効果的にワナをしかけて捕えることができます。捕獲したネズミの処分や消毒、殺菌なども行ってもらえるため、精神的な負担や手間がほとんどかからないこともメリットと言えるでしょう。
身体が小さなネズミは、ごく小さな隙間からでも侵入してしまいます。素人では見つけることが難しいごく小さな割れや欠けなどの隙間も、プロであれば徹底的に探してきちんと封鎖しますので、再被害の可能性も低くなります。
自力駆除に比べると費用が高額になると思いがちですが、さまざまな駆除グッズを購入して何度も仕掛けることに比べれば、プロに一気に駆除してもらうほうが長い目で見て安く済むこともあります。"
優良なネズミ駆除業者を見極めるポイント
ネズミの駆除業者はたくさん存在します。なかには、高額な費用を請求しながら肝心の駆除はまったくできていないといった悪質な業者もいるのが実情です。高額な料金を騙し取られることがないように、信頼できる優良な業者を見極めることが大切です。そこで、ここでは、良い業者を見極めるポイントについて説明していきます。
必要な料金が明確に書かれているか?
まずは現地調査を依頼して、見積もりをきちんと提示してもらうことが大切です。このとき、見積書に、どんな作業にどれだけかかるかが明確に書かれているかが判断のポイントとなります。総額だけが書かれ、内訳が提示されていない見積もりを出す業者は避けた方が無難でしょう。

また、明らかに相場より安い料金の場合も要注意です。料金は安い方がいいと思ってしまいますが、法外に安い場合は後で高額な追加料金が請求されるケースがあります。相場より大幅に安いときはその理由を聞いてみて、納得のいく回答が得られない場合は信頼のできる業者とは言えないでしょう。
保証期間がついているか?
保証期間がついているかどうかも、業者選びのポイントとなります。業者の多くは駆除作業後に一定の保証期間を設けており、期間内にネズミによる再被害が起こった場合は無償で駆除を行っています。保証期間をつけているということは作業に対する業者の自信の表れと言うこともでき、それだけ信頼できる可能性は高いです。なお、保証期間の長さは業者によって異なりますので、見積もりの段階で確認しておくことが大切です。
契約を急かされていないか?
見積もりや現地調査を依頼したあと、何度も連絡してきて契約を急かすようであれば、その業者は要注意です。早く駆除を始めないと被害が拡大するなど、やたらに不安を煽ってくる業者も信頼することは難しいでしょう。高額な費用を払って依頼することですので、焦らず、慎重に判断することが大切です。煽ることなく親身になって相談にのってくれる、質問に丁寧で明確な回答をしてくれるなど、信頼できるかどうか担当者の態度をよく見極めるようにしましょう。
ネズミ駆除の実績があるか?
ネズミの駆除業者になるためには特に資格は必要ありませんが、いくつかの関連資格が存在します。資格を取得している業者であれば、必要な知識があるという点で一定の安心はできるでしょう。そして、資格よりも重視したいのが、これまでの駆除実績です。ネズミ駆除業者として長年の実績があれば、蓄積されたノウハウやコツがあるため、安心して駆除を頼めるでしょう。創業が新しくまだ実績がさほどない業者の場合は、インターネットなどで利用者の口コミを確認すると、判断の基準となります。
ネズミ駆除業者に現地調査・見積もりを依頼する時の注意点
ネズミ駆除業者に依頼するときは、まずは複数の業者に見積もりを出してもらい、比較検討することが大切です。家屋の状態や被害状況によって費用は異なりますので、正確な見積もりを出すためには現地調査が必要となります。そこで、見積もりや現地調査を依頼する際に知っておきたい点について説明していきます。
見積もり金額が同じでも駆除方法が違うこともある
"駆除にかかる料金には適正な相場があります。そのため、実績や経験豊富な業者が出す見積もりの金額は、ほぼ似たような範囲に収まることがよくあります。金額がほぼ同じであれば、あとは作業のやり方や業者が信頼できるかといったほかの部分で選ぶことになるでしょう。
また、見積金額がほぼ同じであっても、業者によってそれぞれのやり方があり、駆除方法や使用する薬剤、道具なども異なるのが普通です。たとえば、1部屋ずつ徹底的に駆除していくという業者もあれば、全体的に駆除をすすめていくというスタイルをとる業者もいます。これは、その業者のやり方が違うというだけで、どちらが正しいとか間違っているということではありません。"
駆除の状況を細かく説明しない場合もある
業者によっては、確認した被害状況や駆除作業の内容などを細かく説明しないところもあります。場合によっては、ちゃんと見ていないのではないか、見落としがあるのではないかと感じたり、不親切な業者だと思うこともあるかもしれません。しかし、これは依頼人にいたずらに不安や不快感を与えないための配慮として敢えて細かく状況を説明していないケースもあります。一概に、見落としがある、不親切だと断じることはできません。
質問には対応してもらえる
複数の業者に現地調査を依頼した場合や以前に別の業者を頼んでいた場合などは、「あの業者はこうだったのに、この業者はしていない」「やり方がずいぶん違うが大丈夫か」など不安や疑問に思うこともあるでしょう。そういうときは、どんどん質問してみることが大切です。信頼できる業者であれば、質問に親身になって答えてくれるでしょう。反対に、適当な回答であったりきちんと答えずにはぐらかしたりといったことがあれば、注意が必要です。
ネズミ駆除業者を探す時は比較サイトの利用が便利
自分で駆除する場合にかかる費用や使うグッズについて理解した上で、業者に頼むこともあるでしょう。その場合、安く済ませる方法として、
ネズミ駆除業者比較サイト【ねずみ駆除応援団.com】を利用するのがおすすめです。どの業者に頼めば良いか見当がつかないという人でも、サイトにはおすすめランキングやそれぞれの業者の口コミがあり、参考になります。料金や費用ランキングも載っているため、予算に合った業者を探すことも可能です。インターネットや電話帳で1つ1つ業者を調べて比較し、連絡をとって相見積もりをお願いするといった面倒な手間もかかりません。
ネズミ駆除業者に頼んで快適な暮らしを取り戻そう!
ネズミの駆除は、業者に依頼すると高くつくからと躊躇している人もいるかもしれません。しかし、プロである業者は専門知識や経験があるため、ネズミに慣れない素人が自力で駆除するよりもはるかに失敗や再発の可能性は低くなります。ネズミは繁殖力が旺盛で、放置しているとどんどん増えてしまい、ますます駆除が難しくなります。なるべく早い対策、早期駆除を行うことが非常に重要です。自力で駆除してみたけれど状況が改善しなかった、再被害に遭ってしまったといった場合は、早急に業者に依頼することも検討しましょう。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク