コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. 殺鼠剤を使ったネズミ駆除

駆除方法

殺鼠剤を使ったネズミ駆除

2018.08.01

ネズミが家庭に出てくると様々な被害が発生します。家の柱や家具などをかじる行為やフンを撒き散らすことが代表的な被害です。またネズミに寄生するダニも人の健康や家屋にも害を及ぼします。今日はネズミの被害に悩んでいる方にその駆除の方法や対策を紹介します。

ネズミは3種類に分かれる
まずネズミの被害が出たらそのネズミの種類がわかれば殺鼠剤の置き場所、置き方も効率的にできます。日本の家屋に出るネズミにはドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3つに分かれます。まずドブネズミは大型で体長が22から26センチと体重も大きい物で400グラム近いネズミもいます。次にクマネズミは中型でドブネズミより尾が長いのが特徴です。最後にハツカネズミは体長6センチから9センチと小型です。日本では1970年代に下水道が普及するに従ってドブネズミが多くなりました。しかし近年では高層の建物が多くなったことでクマネズミが復活してきています。またハツカネズミは郊外や農村環境など自然が多い地域に見られるネズミです。
殺鼠剤はネズミの種類や行動によりその薬剤の種類や置く場所が変わってきます。ドブネズミは泳ぎが得意なため濡れたところに置いても効果があります。クマネズミは垂直移動が得意なことも理解しておくと効果のある置き場所がわかってきます。また殺鼠剤は効果が現れるまで時間の掛かる駆除方法です。これは一般的な殺鼠剤は遅効性の薬剤になっています。食べてから3日から5日ほどかけて効果が出てくるようになっています。殺鼠剤はネズミの体内で内出血を起こし徐々にネズミを弱らせる効果があるからです。このように殺鼠剤の効果が遅いことも理解してください。
ネズミは警戒心が強く頭が良い
ネズミは警戒心が大変強く頭が良い動物です。特に環境の変化や普段と周囲の様子が変わったことには警戒心を抱く動物です。例えば殺鼠剤を置くとすぐには警戒して食べようとはしません。また餌場で無い場所に殺鼠剤を置いても効果は現れません。置いた餌を効果がないからといって場所をすぐに移動するとそれだけでネズミは警戒して食べようとはしません。このようにネズミの習性を理解することで、殺鼠剤は最低でも1週間放置して置くのがおすすめです。放置しておくことで殺鼠剤の存在に慣れてきます。またネズミは餌を一度に食べないで貯める貯食性があります。そのため餌が無くなっても次に食べるまでしばらく時間がかかることもあります。しかしそれ以上経過しても全く食べない場合はその場所を移動してください。その他殺鼠剤の効果を上げる方法としては殺鼠剤にネズミの被害にあった食べ物を撒く方法があります。またできるだけ1箇所のみではなく、複数箇所に設置するなどの工夫をすると良いでしょう。
ネズミの侵入口を見つける
ネズミは必ず外部から家屋に侵入します。そのため侵入口になる場所を見つけることでも被害を減らすことができます。配管の壁貫通部の隙間や建物と基礎の隙間などが代表的な箇所です。通常のその侵入口にはネズミの体の汚れやかじり痕が残っています。もし怪しい箇所を見つけたらその箇所に小麦粉を撒くと足跡が残ります。ネズミの出入口を発見したら金属製のタワシや金網、パテなどで穴をふさいでください。侵入口が見つけられない場合には通り道から探すと良いでしょう。ネズミの通り道には糞や尿の跡が残ります。壁に黒い線などが残っている箇所は通り道の可能性があります。これらを根気よく探してください。しかしネズミの侵入口は素人が簡単に入ることでできない箇所や思いもよらない場所であることも多くあります。時間が無い方は専門家に任せる方法も良いでしょう。
個人で試してダメならプロの手に任せる
ネズミ駆除は殺鼠剤を使う方法であれば市販の殺鼠剤の効果も上がっており個人でもある程度の効果をあげることができます。しかし殺鼠剤を使用する方法は小さなお子さんやペットがいる家庭では誤飲などの心配もあります。また効果が出るまでの時間がない方などはプロのネズミ駆除業者に任せる方法がおすすめです。プロのネズミ駆除業者は殺鼠剤を使う方法でも小さなお子さんがいる家庭の事情を考慮してくれます。また殺鼠剤以外の最適な方法もアドバイスしてくれます。
また何度か殺鼠剤を使った駆除を個人で試した方でも効果が無いと諦める前にプロのネズミ駆除業者に見てもらうのもおすすめです。殺鼠剤以外の方法が的確かどうかなどのアドバイスをしてもらうこともできます。
まとめ
ネズミが出ると家屋の被害だけでは無く、糞やネズミに寄生するダニの被害も問題になっています。家屋の資産価値の低下や最近ではネズミが運ぶダニがコンセントから侵入してくる被害もあります。ダニが持つ様々なウィルスなどの病気のリスク以外でもコンセントからの火災の可能性もあり、ネズミが発生したと気が付いた場合はなるべく早く駆除をする必要があります。
まず個人で駆除を殺鼠剤などを用いて行いそれでも効果がない場合にはプロのネズミ駆除業者に依頼、できるだけ早期にネズミ駆除をする事がおすすめです。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク