コラム詳細

  1. TOP
  2. コラム一覧
  3. 駆除方法
  4. 【ねずみについての素朴な疑問】猫を飼っている家にはねずみは出ない?

駆除方法

【ねずみについての素朴な疑問】猫を飼っている家にはねずみは出ない?

2018.03.06


ねずみと猫は昔から仲が悪いイメージ
ねずみと猫は、昔から仲の悪いイメージがあり、アニメーションや昔話などでも猫はねずみを追いかけるなど、天敵として描かれることが多いものです。有名な話は十二支の物語で、ねずみが騙したことで猫が十二支に入れなかったというものがあります。このように、猫とねずみの仲の悪いイメージは世間一般に定着しています。

そのイメージによって昔から猫を飼っている家にはねずみが出ないとも思われています。猫がねずみを取ってくれる、もしくはねずみが猫を恐れて猫を飼っている家にはいつかない、などの理由が考えられますが、こうした理由は実際に当たっているのでしょうか?

猫は狩りが得意でねずみを駆除してくれる
猫がねずみを駆除してくれる、というのはある意味においては当たっています。猫は狩猟を行う習性があり、本能に基づいて狩りを行います。ネコ科動物の狩りのシーンをテレビなどで見たことがある人も多いでしょうが、飼い猫にも同様の習性と技術が備わっています。

そのため、猫はねずみをはじめとした小動物、昆虫類など、猫にとって興味深い動きをするものを捕獲するのを好みます。エサをもらっているかどうかは関係なく、習性として体が動くものです。

ねずみなどの小動物を取った場合、野生として生きているのであれば食用とすることもありますが、飼い猫の場合には食用にはせず、おもちゃとして捉えている可能性があります。狩り自体も遊びのひとつです。そして、狩りが成功したことを飼い主に伝えて誉めてもらうために、獲物を見せにやってくることもあります。
ただし感染病などの心配があるので猫にお願いするのは危険!
猫がねずみを取ることはあながち間違えではありませんし、実際にねずみを取ることの出来る猫を飼っているという人もいるでしょう。しかし、猫にねずみ駆除の全てを任せるにはいくつかの問題点があります。

最初に挙げられる問題点は、病気の感染です。猫が野生のねずみを取った場合、ねずみから感染症をうつされる恐れがあります。ねずみは寄生虫や病原菌などを数多く持っており、猫がねずみを捕らえた時に猫に感染する可能性があるのです。この感染に関しては、ねずみ以外の捕獲でもリスクとなります。猫が本能で追いかけて捕らえるのは、ねずみだけでなく、さまざまな小動物です。

猫が病原菌に感染した場合、猫自体の健康被害も心配ですが、飼い主である自分自身や家族などの人間への悪影響も心配です。ねずみにも猫にも、そして人間にも感染する恐れのある人獣共通感染症を持っていた場合には、飼い猫を介してねずみの感染症が人にも感染する恐れがあります。特に、幼い子や高齢者などの抵抗力のない人は注意が必要です。

また、猫にねずみを取らせてねずみ被害を解消するには、感染症以外にも問題があります。猫は確かにねずみを捕獲する本能や技術を持っていますが、基本的には自由で気ままな性質のため、人間の指示を受けたり、思惑を察したりしてねずみを取ってはくれません。飼い主に誉められたいという気持ちはあるようですが、だからといって犬のように従順に従うというものではないのです。

自分の飼い猫が、ある程度ねずみの駆除に興味を示したとしても、問題点が2つ残っています。まずひとつは、猫はねずみを取った際に飼い主に見せに来ることが多いということです。飼い主がひんぱんにねずみの死がい見せられることに耐えられるか、そして猫を誉めてやれるか、さらには、ねずみ以外の死がいを持ってくる可能性もあり、それらを受け入れられるかといった数々の葛藤が起こりそうです。猫にとってはねずみも小鳥も昆虫も、全て獲物であり、飼い主が取ってほしいものだけを取ることはありません。そして、取ってきた時にきちんと誉めてもらえなければ、猫は狩猟をやめてしまうかも知れません。ねずみの死がいもですが、可愛い小鳥の死がいや苦手な昆虫などをひんぱんに持ってこられることはストレスとなりそうです。

飼い猫がねずみを捕獲している場合でも、たった1匹の猫が取った程度で駆除できるほどねずみは少なくありません。よくねずみを取る猫であっても、大体1日に捕獲する数は1匹程度となります。ネズミ算というようにねずみはドンドン増えていき、飼い猫が1匹や2匹で捕獲をしていても、増加スピードの方が速く、駆除できるような大きな影響は与えられないでしょう。
猫がねずみの天敵であるとは言えますが…
猫はねずみを取るというのは紛れもない事実であり、現代の飼い猫として生きる猫であっても野生の本能に基づいてねずみを捕獲することはあります。しかし、実際に猫がいる家にはねずみが出ないか、猫がねずみを駆除できるかというと、「難しい」としかいえません。基本的にねずみの繁殖スピードは速く、猫の狩猟は気まぐれです。ねずみが猫の鳴き声におびえて出て行ったというウワサもありますが、確実ではありません。また、捕獲させることで大切な飼い猫が病気の危険を負うため、ねずみ駆除は猫ではなく適切な業者に任かせた方が安心です。

記事をシェア

この記事を読んだ人に人気の記事

関連記事

関連リンク